スポンサーサイト

  • 2017.04.07 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    仮面ライダーフォーゼ〜総括

    • 2012.09.02 Sunday
    • 21:15
     JUGEMテーマ:仮面ライダーフォーゼ

     先週、最終回を迎えた「仮面ライダーフォーゼ」全部見ました!
     学園ドラマと仮面ライダーのコラボレーションと言う事で、当初は結構不安だったのですが、劇団☆新感線の中島かずきさんの脚本で、ドラマとしても面白かったし、キャラも立っていたし、敵も魅力的だったし、最後まで楽しんで見る事が出来ました。

     最終回も、M-bus組はどうなったの?(特に杉浦君)とか、弦ちゃんの親は何だったの?とか、卒業式のBGMは?とか、色々突っ込み所もあるんですが、まぁ、楽しんで見られました。



     しかし、やっぱり去年のオーズは良かったなぁ‥‥‥‥‥‥‥。
     ラストエピソードの録画見て、また泣いてしまった。


     ところで、
    「オーズ」というのは、オーズvsグリードvs鴻上が、手を結んだり対立したりしながらメダルを取り合う‥‥まぁ、「三国志」的構造だったんですが、「フォーゼ」はある人物が色々と悩み苦しみ、その過程で主人公らと友情を深め、梁山泊ならぬライダー部に入ると言う「水滸伝」的構造でした。

     その「水滸伝」的構造ですが、原作の方では何故か優柔不断な宋江さんの行動に対し、ほとんどの好漢たちが、
    「さすが、宋江の兄貴は思慮深いぜ!」
     と、良心的に解釈するのが、読んでて歯がゆいような感じがしたものでした。
     けれど「フォーゼ」の場合、ライダー部の面々は、
    「弦太郎はしゃあないなぁ‥‥。」
     と、ほぼ全員が呉用スタンス(冷静に状況判断)で、花栄や李逵スタンス(熱烈に応援)がほぼなかったですね(笑)。

     しかしながら、敵の方は何故か李逵スタンス。
     ‥‥いや、坊ちゃんの頭を割ったりはしてませんが、ボスに対しては心酔状態!
    「ああ、理事長はすばらしい!」
     と、毎回マジで感動しているレオさんがむしろ素晴らしい。
     校長の最期も色んな意味で良かったです(爆)。

     毎回脳内でヴァルゴ=呉用、レオ=李逵、リブラ=花栄、サジタリウス=宋江に変換されておりました。


     さて、新ライダーが始まりましたが‥‥‥‥‥第1話は余り萌えませんでした。
     しかし、弟〜ズは早速、アレが欲しい、これが欲しいとわめいています。

     ‥‥‥‥母は未だにデフォルマイスタープチのアンクを探しておると言うのに‥‥。

    仮面ライダーフォーゼ〜ヴァルゴショック

    • 2012.07.09 Monday
    • 00:48
    JUGEMテーマ:仮面ライダーフォーゼ

    「オーズ」ほどにはハマってませんが、それでも毎週欠かさず見ております、「仮面ライダーフォーゼ」。
     放送前は
    「仮面ライダーで学園ドラマって、ありなのか?」
    「あの、宇宙鉄人キョーダインのようなデザインは何?」
    「主人公がリーゼントって、いつの時代や?」
     などなど、結構不安だったのですが、 始まったらそれが結構面白かったりするんですな。


    ●大まかなあらすじ

    「学校中の全ての生徒とダチになる!」
     と、宣言するリーゼント転校生の如月弦太朗は、学校に現れて生徒を襲う怪物〜ゾディアーツと戦う為、何故かフォーゼシステムを使って、仮面ライダーフォーゼとなる。
     幼なじみの宇宙オタクの城島ユウキ、フォーゼシステムの持ち主で(最初は)弦ちゃんを激しく拒む保健室の主の歌星健吾と共に、ゾディアーツと対立していくのだった。
     そんな中で、学園のクイーンであるチア部の風城美羽、情報通だがチャラ男のJK、学園のキングでアメフト部の大文字隼、ゴスロリの霊感少女の野座間友子らが仲間入りし、仮面ライダー部として結束を固めていく。

     そんなライダー部の前に、メテオと名乗るもう一人のライダーが現れた。
     正体は交換留学生(姉妹校同士で)の朔田流星。
     彼は反ゾディアーツ同盟に所属し、親友の病気を治すため、あるゾディアーツを探していた。
     流星を支援するのは、遠い宇宙のステーションから指令を送る仮面をつけた謎の人物タチバナである。

     一方、敵のゾディアーツの方はホロスコープスと名乗る幹部を中心に、リーダーである学園の理事長我望の計画をちゃくちゃくと進めていた。
     ホロスコープスと言えど、失敗すれば、処刑人であるヴァルゴ・ゾディアーツの能力により、虚無の世界(?)であるダーク・ネビュラに送られてしまう!
     スコーピオン、キャンサーがネビュラれる中、辛うじて延期してもらっているリブラ(イケメン校長)、処刑人として我望から絶対的な信頼を受けているヴァルゴ姐さん、人間でいる方が怖いと評判の理事長命のレオさん(ボディガード兼秘書)の3人が幹部としての地位を固めている。


     で、ここからが本題ですな。

     今までセクシーヴァルゴ姐さんの正体というのだけが分からなかったんですな。
     キャンサーの正体に悩むメテオにヒントをくれたり、タウラスに挑んだメテオに助け舟を出したり、謎行動も多い人だったんですが、先々週の40話でその正体が分かりまして、物凄くそーゆー期待していた視聴者をがっくりさせてくれました(笑)。
     まぁ、あの人ではないかと言う噂はあったし、今までの傾向(名前のアナグラム)から考えてもそれしかない!だったので、ぐんまま家は余りショックでもなかったんです。

     しかし!!!!!

     41話のタチバナさんの正体は、めっちゃびっくりしましたよ!!!!!
     てっきり○○君の○だと思ってましたから。

     で、今週の42話。
     いやぁ、もう、展開に泣きました。
     ヴァルゴさん、最後まで良かったです。

     そして、校長先生からウヴァさんの香りがするような気がするのは、私だけではないですよね?

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    Twitter

    お天気

    NHK時計

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM