原種チューリップ その4

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 21:40

JUGEMテーマ:園芸
 

 

 ご無沙汰していました。
 猫ショックからようよう立ち直りつつある、ぐんまま親子です。

 去年、小学校の広報委員(しかも部長)をやった時に、かなり強引に色々変えてしまったので、今年はそのフォローもあって、立候補しました。
 なのに、何故か、中学校の役員にも当たってしまい、地区の子供会の役員も当たっており、剣道もまた父母会会長を引き受けてしまった為、3〜5月は引き継ぎやら、登録の更新やらで、毎日、帰宅後も仕事をしていました。

レディジェーン さてさて、現在もう枯れてしまって、球根を掘り起こそうか、もう1年待ってみようか、悩み中の原種チューリップ達の満開の時の姿です。

 これはレディージェーン。
 今回咲かせた原種の中で一番背が高く、一番大きい花でした。
 上から見ると白いチューリップにしか見えません。

ジェーン 横から見たレディジェーン。
 花弁が白と薄紅のツートンカラーなのです!!!
 早朝の咲きかけの時はこんな感じです。上のは、午後になって大きく開花している所です。
 レディジェーンが好きな方は、この凛とした感じが良いそうです。

タルダ そして、ジェーンの足下で鮮やかな黄色を咲かせているタルダ。
 咲くまではゆっくりでしたが、一輪咲き始めるとあっという間に満開になりました。
 黄色の縁がほんのりクリーム色で、可愛らしい花です。

ライラックワンダー 最後に咲いたのがライラックワンダー。
 これは開花率が非常に悪く、10個のうち4輪程しか花をつけませんでした。ピンクのキレイな色なのに、う〜ん、残念!

 原種チューリップは植えっぱなしでもよいそうなので、今年はプランターに置いておいて、来年の花後に掘り起こそうかなぁと思っています。
 ‥‥‥‥‥というか、今年は無理‥‥‥‥。
 春蘭も植え替え出来ず、多分、根詰まりで花が咲きませんでした。
 菖蒲も植え替え出来ておらず、花がつくか微妙です。
 フジバカマは植え替えしたのですが、庭に地植えした分を、ジャンボ氏が雑草と一緒に刈ってしまうのですよ〜〜!
 やっと、また芽を出した〜〜と、喜んでいたのに、先日、また刈られてしまいました。
 おのれ〜〜〜〜〜〜!

原種チューリップ その3

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 23:26

JUGEMテーマ:園芸


 ご無沙汰しています。
 3月は遅れまくった小学校の広報誌の校正で、学校と印刷屋さんを走り回り、睡眠時間を削って修正案を作ったりと、寝不足でフラフラしてました。
 そっちが終った途端、剣道の登録やら試合やら、仕事が春休みで忙しいやらで、何をしていたのかよく分からないうちに4月になっていました。

アルバ さて、3月23日頃、アルバコエルリア・オキュラータが咲きました。
 ご覧の通り、中心が青くて、非常にきれいな花です。
 結構花持ちも良く、昼の10時〜16時頃まで開花し、10日位咲いていました。
 1つの茎から1つの花が咲いています。
 
トルケ 次に咲いたのはトルケスタニカでした。3月26日です。
 こっちはお昼近くまで開花せず、早々に閉じてしまうので、私が出勤する時はまだ開いてないし、帰ったら閉じてるし、なかなか咲いてる所が見られませんでした。
 1つの茎から2〜4輪位の花がつく為、非常に賑やかに咲いていました。
 こっちは1週間位。花の数が多いと花の寿命も短いようです。

 今はレディジェーンとタルダが咲いています。
 そっちの写真は後日アップします。
 ‥‥‥そして、ライラックワンダーが蕾すらない‥‥‥‥‥‥。

原種チューリップ その2

  • 2018.03.08 Thursday
  • 01:12

JUGEMテーマ:園芸

 


 我が家の原種チューリップ達ですが、順調に育っております。
 これは3/2の写真ですが、その後、さらに大きくなっています。
 一番上がタルダ&ジェーン、真ん中がライラックワンダー&トルケスタニカ、一番下がアルバコエルリア・オキュラータと色々です。
 余談ですが、タルダとトルケスタニカがなかなか大きくならないのですが、タルダというのは「ゆっくり成長する」という意味だそうで、原種チューリップの中でも、遅咲きなようです。

 これはアルバですが、ちっちゃな蕾が見えております。
 3月下旬には花が見られるでしょうかね?
 

原種チューリップ その1

  • 2018.02.25 Sunday
  • 00:48

JUGEMテーマ:園芸


※花の名前を間違えているのに気付き、修正しました。3/17

 余りの寒さに陶器の植木鉢は3つも割れてるし、越冬OKだけど土が凍ったらやばいよ〜の夜香木(ナイトジャスミン、夜来香ではない)も枯れ始め、熱帯睡蓮もあかん様な気がする色々と危ないぐんまま家の植物達。
 朝忙しいからと、冬場に夕方の水やりはいけませんねぇ。

 コープの配達の広告に
「原種チューリップ 希少種 アルバコエルレアオクラータ」
 という、どこで区切ったらいいのか分からない青いチューリップが紹介されておりました。
 そもそもあまり洋物の花に興味のない私が「青」「希少種」のワードにつられ、色々調べました。
 チューリップは元々トルコの産で、現在よく見かけるチューリップは改良されたものなのだそうです。いわゆるオランダのチューリップですね。
「アラビアのロレンス」で登場した「チューリップ」というのはこっちの「原種チューリップ」のようで、「植えたままでもOK」「丈夫」「初心者向き」とされておりまして、「何だか行けそうな気がする」と、チャレンジしてみる事にしました!!

 何せ仕事場が農場なので、取引先の園芸店に原種チューリップの球根をオーダーし、「タルダ」という黄色いチューリップと「トルケスタニカ」という白いチューリップの球根を購入しました。
 さらにホームセンターで「3袋買ったら割引」につられて「レディ・ジェーン」10球入、「ライラックワンダー」10球入、「アルバコエルレアオクラータ」2球入の3袋を買いました。
 他のは10球なのに、2球でっせ!?さすが希少種、値段が高い!
 後に余りの高さに売れ残ってまして、かなり捨て値だったので3袋追加しました。

12/10アルバ 11月末だったか、12月初めだったかにプランターに植え、しばらくするとアルバの芽が出て来ていました。
 ‥‥って、今から寒くなるのに、大丈夫なのか?
 枯れてしまったりするんとちゃうの??
 と、大層心配しましたが

2/23アルバ 植木鉢が3つパンパン割れた寒さにも負けず、元気です。
 分かりにくいかもしれませんが、左上の芽の中には蕾っぽいのが見えています。
 ネットでよそ様のアルバさんを見せていただいていたら、かなり早くから咲き始めるようで、3月末には咲き始めるようです。

12/10ジェーン あまり芽が出ていない12月のライラックワンダー&トルケスタニカ。
 まぁ、一斉に咲いたのを贅沢に眺めるのもいいけど、順番に咲いて行くのを長く楽しめていいかな‥‥と、思ったり
 

2/23ジェーン かなり芽が出て来たライラック&トルケコンビ。
 ‥‥よく見たら、小さくとんがった芽が出てるんですよ〜〜〜!
 今回、「ペルシアンパール」「リトルビューティ」などの濃い色の花を入手出来ず、多分、ライラックワンダーが一番華やかになるのでは?と予想。
 元々、前の県道で車同士が対向する時に、塀だとか門だとかのない我が家の敷地内にがばばっと入って来られるのがちょっと嫌なので、車避けにプランターを置くつもりで作ったというのもあるのです。
 でも、車にぶつけられたら可哀想なので、結局道路側には置いてません。

12/10ライラック 全然芽が出ていない12月のレディジェーン&タルダ。
 タルダというのは「ゆっくりと成長する」という意味らしいです。

2/23ライラック そして相変わらず目が出ていないようなレディ・ジェーンとタルダ。

 また成長をお伝えしますね。

29年のアジサイ その2

  • 2017.11.05 Sunday
  • 23:45

JUGEMテーマ:園芸


万華鏡 平成29年のアジサイ。
 今回は、お店で一目惚れして、定価で買ってしまったアジサイたちです。

 島根県の特産と言っていい程のヒットメーカー『万華鏡』です。
 写真で見て憧れていたのですが、実物を見て惚れ込んでしまいました。
 しか〜し!!!
『万華鏡』はめちゃんこ高価なアジサイで、町の花屋さんで4〜5000円、ショッピングモールで6000円、産直所でも4000円でした。
 しかし、前に住んでいた町の卸売り園芸店で、半額位の値段で売っていて(それでもちょっと勇気がいりましたが)自分用の母の日のプレゼントとして購入しました。
 毎朝、でへへ〜と眺めておりました。

碧の瞳 余談ですが、義母には『てまりてまり』実母には『コットンキャンディ』というアジサイをプレゼントしました。
『てまりてまり』は可愛いので、今度挿し芽させてもらおうと思っています。

 これは去年、ジャングルみたいな園芸店さんが産直所に出してた『碧の瞳』という、アジサイの一種。常山アジサイとか常緑アジサイとか書かれています。
 なんとも可愛らしい感じが気に入って、買いました。
 卸売りの園芸店でもポット苗でお手頃価格で売っていました。私のはちょっと大きめでしたので、それなりでしたがw。
 冬場、葉はちょっと斑点が出たりしましたが、春になって生え変わりました。ちょっとドキドキでした。
 蕾は白、花は薄い青、花が終った後の実が深い青色なんですね。
 去年は実がつきませんでしたが、今年は3粒つきました!!
 


泉鳥 加茂アジサイの『泉鳥』。
 これは今年一番の大きい買い物かもw。
 数年前から憧れていて、出かける度に探しまくり、お店に頼み、色々手を尽くしたのですが、関西ではほとんど流通していないそうで、見る事も出来ませんでした。
 結局、加茂菖蒲園の通信販売で、1本だけで枯れてしまったりしても嫌なので、保険をかけるつもりで2本購入しました。
 かなり迷っていて、購入時期も6月位でしたが、
「まだ、蕾が固い物を下さい。」
 と、お願いしたら、その通りの物を送って来て下さいました。おかげで、咲かせる所から楽しませてもらえました。
 何とも涼しげな白い花の中心の淡い水色が、大層好みです。花もかなり長く持ちました。
 実は1輪だけ、秋色の緑を入れながら、まだ咲いております。
 こっちにもでれでれ状態です。

 こうして見たら、私は青いアジサイの方が好みのようです。
 実家の母はピンク系が好きなのですが、土を調整している訳でもないのに、実家はピンクばかりです。何故〜〜

29年のアジサイ その1

  • 2017.11.05 Sunday
  • 05:12

JUGEMテーマ:園芸


霧島の恵? 昨年園芸店やらホームセンターで買いまくった在庫処分品のアジサイが、結構咲きまして、かれこれ4〜5ヶ月経ちますがw、ちょっとご紹介。

 これはジャングルみたいな園芸店で買った「霧島の恵」。
 う〜ん、でも何か花が小さいような気がする〜〜。そして、四季咲きのはずなのに、アジサイの季節にしか咲かない。何故〜〜?
 イオンで在庫処分で買った方は、わりにらしく咲いたのですが、こっちも夏だけでしたね。今年は秋が雨ばっかりだったからですかね?
 ちょっと大きくなって来たので、来年は地植えにしたいです。

 

 

ダンスパーティ ホームセンターで激安で購入した加茂の銘品「ダンスパーティ」。
 ピンクになるように土を配合して、唯一ピンクに育ってくれました。
 うちのアジサイ、何故か葉っぱの色が薄いんですよ。栄養が足りないのかなぁ?
 こっちはもう1〜2年は鉢植えのまま置いておく予定。
 結構花持ちが良くて、1ヶ月以上(2ヶ月程かも?)こんな感じに咲いておりました。


伊予の花火 これは山アジサイの「伊予の花火」。
 ピンクにしようとしたのですが、淡い紫‥‥というか、ほとんど青になりました。
 う〜ん、苦土石灰いれて、アルカリ土壌にしたつもりなんですけどね〜〜〜。
 これも別のホームセンターで最終処分品で格安で買いました。買った時はひょろひょろで、まぁ、初秋だったので葉っぱもほとんど落ちていて、
「育つんか?」
 と、不安になりつつ世話をしていたので、小さいながらもいくつも花をつけてくれた時は、やっぱり嬉しかったです。
 山アジサイのポット苗は、買った年の開花は諦めた方がいいですね。
 今年は「伊予の薄墨」と「七変化(藍姫)」を(定価で)買って育てましたが、葉っぱばかりで全然花はつきませんでした。来年に期待!

彼岸花

  • 2017.10.15 Sunday
  • 23:44

JUGEMテーマ:園芸


 もう、半月ほど前の風景です。


 明日香村や、職場のある香久山近辺の畦には彼岸花が咲き誇っておりました。
 彼岸花と言うだけあって、ホンマに、秋のお彼岸の前後1週間程の光景です。
 あっという間に咲いて、あっという間に枯れてしまいます。


 色がちょっと、毒々しい程の赤なのに、儚いものです。
 女郎花なんて1ヶ月以上咲いていたし、うちのアジサイなんて、まだ咲いてるのもあります。

 高松塚古墳の方へ行くと、多分、人の手で植えられたものなのかもしれませんが、白い彼岸花‥‥白花曼珠沙華が結構咲いています。
 それはそれで清楚な感じがしていいですが、私はやっぱり赤いのが好きです。

 日本の曼珠沙華(彼岸花)はリコリス科なのだそうですが、近種のネリネも色んな色があって、いいなぁと思います。
 ちょっと育ててみたいなぁと、憧れております。

 今年、うちの庭に1輪だけ彼岸花が咲いていまして、末っ子が
「うちの彼岸花」
 と、喜んでいました。
 ‥‥‥‥写真取り損ねてた〜〜!だって、すぐに枯れてしまうんですもの‥‥‥。

 

テッセン

  • 2017.06.11 Sunday
  • 20:58

JUGEMテーマ:園芸

 

伊勢原 末っ子の怪我もまぁ、回復に向かい(えげつない痕は残るでしょうが)剣道にも学校の体育にも復活しております。

 

 よく利用するの園芸コーナーで、テッセン(クレマチス)の苗が100円もせずに売ってましたので、名前と色が好みの物を3つ買いました。

 鉢に植え替えてしばらくすると、にょきにょき伸びて来て、あっという間に花が咲きました。

 これは「伊勢原」という品種だったと思います。

 ‥‥‥というのも、強風で名札が飛んで行ってしまったからなのですよ。とほほ。

 かなり大輪の花でした。
 

月宮殿 こっちは「月宮殿」。

 もうね、名前が好み!

 花びらも伊勢原より丸いのですが、葉っぱもちょっと丸っこいです。

 咲いたら思ったよりきれいで可愛い花でした。もうちょっとクリーム色かと思っておりました。
 

白玉冠 これは「白玉冠」。

 蕊の部分を冠に見立ててのネーミングなのでしょうねぇ。

 これはつんと尖った花弁です。これだけ2輪咲きました。

 ちなみに、最初に買おうと思ったのはこの子でした。こういう形と色合いが好みなのです。
 

 3つそれぞれの色形ですが、今シーズンはちょっとしか咲きませんでした。

 何年後かには、嫌になるほど蔓を伸ばして咲き乱れて欲しいなぁと、思ったのでした。

花が咲きました!

  • 2017.05.28 Sunday
  • 01:10


JUGEMテーマ:園芸

 

 何故かパソコンの充電用アダプターがなくなり、2〜3週間程ネット不在生活を送っていました。
 おかげでやろうと思っていた色々が出来なかったり、高校の役員さんに連絡出来なかったり、小学校の役員に連絡出来なかったり、剣道のラインを確認出来なかったり、めっちゃんこ不便でした。

29年の春蘭

 さてさて、相変わらず下手の横好き園芸を続けております。
 これは今年の春蘭。う〜ん、そろそろ株分けした方がいいのでしょうかねぇ?
 日に当てすぎると花が日焼けする‥‥みたいな事をどこかで読んだので、余り日の当たらない場所で育てております。
 今年は去年より、花の緑が濃いかな?



 
一子侘助 私は椿が好きなのですが、去年はタイミングを逃して入手出来ませんでした。
 今年は苗が出始めた時期にホームセンターや園芸店に通う事が多く、色々物色出来ました。
 これは「一子侘助」という品種。
 何故か花弁が曲がったり、傷付いたりして、キレイに花が咲きませんでした。
 
太郎冠者 こっちは今年アホ程(失礼!!)花をつけて、花の重みで転けまくった「太郎冠者」。
 水やりをする時に
「も〜、太郎さんはよく転けるねぇ。」
 などと話しかけていたので、私かなり変な人に見えていた気がします。
 どうも、安売りの苗を買う癖があって、買ってすぐには花をつけず、1年以上経ってやっとというのが私のお約束なので、買ってすぐに花がポンポン咲くと、嬉しいよりも
「この子、花つけ過ぎて大丈夫なんか?」
 と心配してしまいます。
 
黒侘助 こっちは「黒侘助」。
「一子侘助」より、大輪で黒みがかった赤の椿です。
 この子も結構花を咲かせてくれました。
 私、薮椿も好きなのですが、何か、侘助系統ばっかりですねぇ。
 
本白玉「本白玉」といいます。
 これは侘助系統ではありませんよね?
「加茂本阿弥」という白椿が欲しかったのですが、狙っていたのが売り切れていて、別の店で偶々見かけたこの子のつぼみが可愛らしかったのと、葉が元気だったので、思わず購入してしまいました。
 つぼみが2つしかつかなかったのに、玄関に出していたら、開花直前のある日、1こがむしられていました。
 もう、凄くショックで、速攻、家の裏に非難させましたよ!怒る
 それから玄関先に花を置くのはやめました。
 2個目のつぼみが無事に開花した時は、心底ホッとしました。
 
 今回実は「のりこぼし」が欲しかったのですが、奈良なのに案外売っておりませんでした。
 なので、単色のつばきばかりです。
 来年は斑模様のも育ててみたいです。

咲いた!

  • 2016.08.14 Sunday
  • 21:41

JUGEMテーマ:園芸

 

花芽 久々の更新でございます。

 

 官舎から仮住まいに引っ越した時に、うちの男共のうっかりの所為でボロボロになった私の胡蝶蘭ですが、その後も葉っぱを1枚残して全部枯れるとか、何度となく絶望的な状況に陥っておりました。

 もう何度あかんと思った事か‥‥。

 

 ある日、へんな根っこみたいなのが伸びて来ていました。

 蘭の根っこはわりに太いはずなのに、ひょろっと長く、そのくせ固い根なのですね。

「何やこれ??」

 と、思っていたら、先にぷくっとしたものがつき始めたのです。

「もしや、花芽?!」

 調べてみると、やはり花芽でした。

 順化してから3年近く経っております。
 

膨らんで来たつぼみ 花芽は順調に育ち、先っちょのぷっくりもつぼみっぽくなって来ました。

 

 うちの職場の副ボス(次男の同級生の母)は

「え〜、うちのは葉っぱしか出ないよ〜〜!」

 と、嘆いておりましたが、とにかく、根気強く世話をすれば花芽が出る事は立証されました!!やっほ〜〜!

 

 外に出すと負けるので、室内で育て、気温が上がってから時々外気を当て、水は表面が乾燥してから‥‥と、ちょっと気を使って育てたので、通称「お嬢」と呼んでおります。
 

咲いた! 花にピントがあっておりませんが、「お嬢」ついに開花です!!

 それと、もう1本花芽が出ました。

 

 次男は

「花芽が出るとそっちに栄養が行くから、切ってしまったら?」

 と、言いますが、無視!
 後日、またアップしますが、現在5〜6輪位花が咲いております。
 苦節3年、よくがんばった!!!

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Twitter

お天気

氷と炎の歌

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM