祖母逝く

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 23:33

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 11月5日に母方の祖母が永眠しました。

 長らくお見舞いにも行けてなかったのですが、この土日は末っ子の体調が悪く、月末にお見舞いに行こうと思っていた矢先だったので、最後に会えなかったのが残念です。


 101歳の大往生で、病気で苦しむこともなく、最期の晩餐は好物のうなぎで、穏やかに逝きました。本当に羨ましい限りです。 
 生前は典型的な「食い倒れ」「食道楽」の大阪人で、美味しいものを食べる為ならどこへでも出かける人でした。


 出棺の際も弟や義妹、従妹たちと、
「おばあちゃんだから、おまんじゅう入れてあげたいね。」
「いや、おはぎちゃう?」
「うなぎかなぁ?」
 などと、半ば本気で言っておりました。

 私は「梅ぞの」のわらび餅を買って行こうか本気で悩んだのですが、まだ開店前だったので断念しました。前にお見舞いに行った時、

「うわ〜、こんなに食べられへんわ〜」
 と、言いつつ、1個をペロリと平らげていたのを思い出したからだったからなんですけどね。

 

 私らの知ってる祖母はしゃきしゃきして、ちょっとせっかちで、おはぎやいなり寿司を作ったり、美味しいものを食べる為に外食に出かけたりしている人なのですが、母達姉妹からすると、戦後、満州から一家5人で引き揚げて来て、祖父が宅建の資格を取りに勉強している間、うどん屋さんをしたり、餃子屋さんをしたり、混乱期をたくましく乗り越えた人なのでした。
 告別式の後、母や弟達、義妹とそんな話をしたりしながら、祖母を偲んでいました。

 

 向こうで祖父や大叔母(祖母の妹)に再会出来たでしょうか?

金木犀

  • 2018.10.22 Monday
  • 22:48

JUGEMテーマ:ペット

 

 なつめのお墓に植えた金木犀に、いつの間にか花が咲いていました。

 丁度、台風の時が一番盛りだったようで、台風一過の後、花はかなり散っていました。

 

 なつめに出会っていなければ、なつめが死んでいなければ、今、こんとさんごが家族になってはいなかったでしょう。

 

 縁とは時に不思議で、時に残酷です。

 

 こんとさんごが傍にいてくれて嬉しいし、楽しいのだけれど、やはり、なつめが生きていてくれていたらなぁと、思っている自分もいるのです。
 

いつもながら忙しい8月

  • 2018.09.02 Sunday
  • 21:56

JUGEMテーマ:つぶやき。
 

 

 今年の8月も忙しい日々でした。

 職場の人件費削減で水曜が定休日になったものの、四男の支援センター通いが入り、水曜は14時半に家を出て、帰宅が19時頃でした。火曜金曜は相変わらずの末っ子の剣道で、しかも当番月だったので18時20分には家を出て、帰宅が10時前でした。
 そういえば、何故か数日連続して虹が出ていましたね〜〜。これも移動時に車の中から撮影しました。

 そして、剣道の試合のスケジュール!
 1日天理市、4日十津川村、5日橿原市、12日五條市、19日川上村、26日橿原市で、毎週日曜は出かけていました。
 しかし、長男の頃は3時間程かかった十津川への道も、すっかり整備され、2時間かからずに着くようになりました。五條も道路が開通し、1時間かからずに行く事が出来るようになりました。
 
 アクセスは本当に楽になったのですが、今年は猛暑がすごくて、試合の度に保冷剤の入ったバッグに飲み物をどっさり持って行かないと、付添いの父兄がダウンしそうでした。数年前、私が軽い熱中症でダウンした十津川では、500mlのドリンクを一人2本は消費しました。会場内も扇風機が増えたりと、対策がされていました。
 
 まぁ、忙しいと言いつつ、pupuさんと「マカロニほうれん荘」展にも行きました。

 当初、水曜に行くつもりだったのが、急に支援センター通いが決まり、土曜日に合わせてもらいました。‥‥その節はむりをいってごめんよ〜〜〜!
 

 

 9日に猫を引き取り、12日19日の試合は終日出なくてはいけないので、長男が新潟から帰って来てくれました。
 長男はクーラーがいるので、現在猫部屋となってる私の部屋を明け渡し、私はタンス部屋です。私、クーラーが苦手なので、今年の猛暑の中でも夜半は1日だけしかクーラーをつけませんでした。

 さんごちゃんが長男に懐いていたらしく、お腹の上で寝ていたそうです。‥‥末っ子、ジェラシー。

2週間

  • 2018.05.03 Thursday
  • 13:04

JUGEMテーマ:ペット

ミルクをやる零蒔 4月19日(木)の夜遅くに、部活動のお茶の先生宅にお邪魔していた三男から、
「へその緒のついた、まだ目の見えない子猫を拾ったので、駅まで迎えに来て欲しい。」
 と、電話がありました。
 そんな小さい猫、拾ってもすぐ死んでしまう、第一世話が大変やろ?と、反対しましたが、
「もう列車の中で戻せない。」
 と、三男は強引に連れて返って来てしまいました。
 子猫は私の手のひら程の大きさで、元気よくぴーぴー泣いていました。
 ジャンボ氏は大反対。すぐに捨てて来い!と、怒りましたが、連れてきたものを捨てる訳にはいきません。
 とりあえず、牛乳を薄めて温めて、スポイトで飲ませました。

 翌日、ニートの次男に午前中の世話を任せ、猫用ミルクと哺乳瓶を購入し、世話をする事になりました。
 お茶の先生宅の帰りに拾ったので「なつめ」と名付けられました。
 なつめの世話ですが、拾った三男はバイトだのアレルギーだので余り出来ず、結局、私や末っ子がする事になりました。剣道の時は四男が世話をしていましたが、この人もアレルギー持ちなのです。

 週明けて23日(月)に獣医さんに連れていきましたが、体重は標準より少ないものの、元気ななつめの様子に
「この調子でがんばって下さい。」

 と、言って頂けました。
 しかし、気温が下がった日になつめは風邪を引いてしまい、くしゃみをするようになってしまいました。

 26日(木)に再度獣医さんに行き、点鼻の風邪薬を出してもらいました。
 それでも、末っ子や私が呼ぶとその方向に来たり、ちょっと歩けるようになり、元気良く動いていました。

 5月1日(火)、末っ子から携帯に
「お母さん、なつめの目が腫れてるねん。早く帰って来て。」
 と、泣き声の電話がありました。しかし、その日は店は混んでいるし、事務仕事は滞っているしで、通常時間に仕事を終える事が出来ませんでした。
 やっと帰って来た時、なつめは余り元気がありませんでした。ミルクも余り飲んでくれないようでした。
 獣医さんに連れていき、抗生物質をもらいましたが、夜中にミルクをあげたときも嫌がって飲まないので、スポイトで少しずつのませ、だっこしていました。歩いたり、甘えたりする様子にちょっと安心していたのですが、翌朝雨で、三男を駅まで送って帰って来たら、
「なつめが動かない」
 と、発熱で学校を休んでいた末っ子が泣いていました。
 二人で泣いて、末っ子はなつめをキレイに拭いてやり、ずっと敷いていたフリースの毛布に包んで、可愛い箱に入れました。
 熱があるからいいよと言ったのですが、どうしてもすると言うので、二人で庭に穴をほりました。台所の窓から見える場所と思いましたが、そこはミントやメリッサが茂っていて、猫はミントを嫌うので、末っ子がミントの生えている場所は嫌だと別の場所にしました。
 未開封のミルク缶(大)があって、見ていると辛いので、1回だけ使った猫砂と一緒に、保護猫カフェさんに寄付しました。カフェの店長さんに
「2週間程でも暖かい場所で、可愛がってもらって、幸せでしたよ。」
 と、言ってもらって、また涙です。
 三男四男の帰宅を待ち、みんなでもう一度お別れしてから、小さな亡骸の入った箱を埋めました。私が植木の水やりで踏まないように、金木犀を左横に植えました。本当は名前通り棗の木を植えたかったのですが、棗はなかなか売ってません。後日、右側に棗を植えるつもりです。
 なつめちゃん、本当に短い間でしたが、思い出をありがとう。
 しばらく、写真を見るのも辛いけど、哀しみが癒えたら楽しかった思い出を話せると思います。

てんてこまい

  • 2018.04.26 Thursday
  • 07:39

JUGEMテーマ:ペット

 

 それでなくても忙しいのに、こいつの所為でてんてこまい中です。

厳冬

  • 2018.02.10 Saturday
  • 23:44

JUGEMテーマ:日記・一般


 先日、明日香では朝から吹雪き、朝から自転車通学の三男四男が
「駅まで送って行って〜」
「学校まで送って行って〜」
 と、いうので、北に行ったり、南に行ったりと、大忙しでした。
 仕事の方でも、配達担当のお姉さんが葛城方面の配達があったので、
「うわぁ、大丈夫か??」
 と、道中を心配しながら出発しておりましたが、配達から帰って来るなり、
「‥‥‥吹雪いてるの、明日香周辺だけやった‥‥」
 と、笑っておりました。
 うちから10〜15分離れた所に住んでいる剣道のママ友も
「え〜??雪なんて全然積もってなかったよ〜」
 と、反対に驚かれました。

 ミラクルスポット、明日香‥‥‥。
 

 ここんとこ天気が悪かったので、自動車通勤が多かったのですが、久々に自転車で通勤した時に、ちょっと離れた木の上でのすりんが休憩しておりました。
 のすりん、かわいいよ〜〜!
(猛禽だけど)

 先日、小学校の駐車場の手すりに止まっているノスリを見たのですが、うちののすりんより茶色い部分が多くて、顔もちょっと色が濃く、くちばしの色が黒でした。
 甘橿丘から小中学校にかけて飛び回ってるノスリは、私の家の前や職場付近にいるのすりんと別の子かも知れません。
 明日香周辺にはチュウヒもいるようなので、何とか見てみたいなぁと思っております。
 

鳥 2つ

  • 2018.01.14 Sunday
  • 22:59

JUGEMテーマ:つぶやき。


のすりん 去年も私の通勤路付近に出没していたノスリが、寒くなって帰って来ました。
 通称「のすりん」
 去年より、ちょっと黒目がちになった気がします。ノスリは足の羽に模様のあるのがオスなのだそうですが、ちょっと確認出来ません。‥‥すぐ逃げるし。

 のすりん、牛舎の近くの電柱や、我が家の前の田んぼの農具小屋の屋根の上に止まっています。四男によると甘橿丘付近にも出没しているようです。小学校の駐車場でも見たので、行動圏が直径5〜6キロ位はありそうです。
 甘橿丘付近ではハイタカっぽいのがスズメを襲っているのを見た事があるので、縄張りかぶってるんじゃないかな???

ふくろう 11月の野焼き会で作ったフクロウです。
 足の指やくちばしは、割れるか、取れるかになると思ってましたが、無事でした!!!
 四男はフクロウが好きで、一度フクロウカフェに行きたいのだそうです。
 1度、夫の実家へ行く途中に、暗い中をバサバサッと飛んで行った結構大きい鳥がいたのですが、あれ、フクロウだったのでしょうねぇ。

2018年 正月

  • 2018.01.07 Sunday
  • 01:01

JUGEMテーマ:新年の挨拶 明けましておめでとうございます

 

こういう年末 あけましておめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 年末は28日は四男の病院、27日は次男の病院、29日まで仕事で、年賀状のイラストを描いたのが29日30日でした。‥‥なので、年賀状の表書きは新年に入ってからでした。

 MAX疲れていた所為か、こういうイラストになりました。

 

 とは言うものの、まぁ、充実した1年だったと思います。

 四男は県の中学生新人戦剣道大会で3回戦まで行ったし、三男と末っ子は市民体育大会で何とか準優勝だったし。

 私も太極拳やらヨガに通って、身体を動かす事も出来ました。

 
 三学期、末っ子は小学生駅伝にチャレンジするそうです。一応エントリーしてますが、小学校の時の剣道の先輩の新君みたく毎朝走るわけでもなく、ダラダラしておりますが‥‥。

 私は来年度、また剣道の父母会の会長に内定しております。

 

 また忙しい1年になりそうです。

 

 

 

 

続きを読む >>

野焼き

  • 2017.12.03 Sunday
  • 20:50

JUGEMテーマ:日記・一般


 うちの末っ子が生まれる前、家族で飛鳥資料館の陶芸教室に通い、秋には野焼き大会に参加していたのですが、資料館の陶芸教室がなくなり、育児やら剣道やらで忙しくなり、随分陶芸からも離れていました。
 昨年、職場に地区の父兄会のミニコミ新聞に「第1回 土器ドキお火焚き野焼き大会」というイベントの告知があり、見れば、陶芸教室の講師をして下さっていたTさん主催!!
 参加しよう!!!と、思ったのですが、去年は剣道の父母会の会長と高校の広報部の部長をやっていて、ちょっと無理でした。
 今年も剣道の試合と試合の間だったのですが、2回目の作陶会と野焼き会の日が奇跡的に空いていて、参加して来ました!!!

まず作品を並べます 作陶会では、陶芸教室の時の知人に会ったり、Tさんに久々に会ったりして、プチ同窓会。
 陶芸教室で小学生だった息子さんが社会人とか、生まれてなかったうちの末っ子が小学5年だとか、近況報告をしつつ、せっせと作品を作っておりました。
 今回は鳥の水浴び用のプールとフクロウの置物を作りました。
 それを半月程乾かして、いざ野焼きです!

 前日雨、当日も時々ぱらぱら来ていて、火が点くのか心配しましたが、お寺の地蔵尊の火で無事着火!
 しかし、結構煙が出ました。
 

マシュマロを焼く末っ子 日曜日は末っ子は剣道の出稽古なので、送迎の時は中座させてもらいました。
 焼き上がるまでの長い時間は、野焼きパンです。
 竹の棒の先にパンの生地を巻き付けて、野焼きの火にあぶって焼きます。
 本当はちょっと離して、遠火からゆっくりじっくりと焼くといいのですが、おチビさんは我慢出来ずに、火の傍で焼いてはかじり、焼いてはかじりしていました。‥‥まぁ、私も最終的にそうしましたがあせ中がちょっと生焼けでした。
 末っ子は他にもマシュマロを焼いたりしておりました。
 近付くと熱いし、離れると焼けないし、煙いし、最終的にバーベキューの炭で焼かせてもらっていました。

焼けた! 夕方まで芋を焼いたりしながら焼き上がりを待ちます。‥‥食べてばっかりですw
 今回、残念ながら作品が割れてしまった方が多かったのですが、私のは小さかった所為か、2つとも無事でした!!
 来年はもうちょっと大きい作品に挑戦したいです!!

 主催者さんたちからは、どうせなら店の方からも、出店で参加してくれたらいいのに〜〜と、言われておりました。
 そっちも要検討です。

雉の鳴き声が「けーん」というのは微妙な表現

  • 2017.05.29 Monday
  • 02:08

JUGEMテーマ:つぶやき。


ご近所さん

 ASK村に引っ越して来たばかりの時、早朝から

「ぎゅわ〜ん、ぎょわ〜ん」

 という、何とも言えない音がしていました。

「これは、ご近所の工作所さんの機械の調子が悪いのかなぁ???」

 と、思っていたら、それが雉の鳴き声だったのですね。
 誰や、「けーん」などという格好いい表現をしたヤツは!?
 雉は家の前の休耕田とおぼしき叢の中や、竹林の中、通勤途中、近くの遺跡の中など、結構あちこちでみかけます。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Twitter

お天気

氷と炎の歌

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM