琳派〜京を彩る展

  • 2015.11.14 Saturday
  • 20:44
JUGEMテーマ:展覧会

 ここんとこ田舎の農道(車道ですらない)を往復する生活しかしていなかったので、展覧会情報は村の広報誌で回って来る壁画公開しか入っておりませんでした。
 で、おばさん頭巾さんのブログで、琳派展の事を教えて頂き、行って参りました!!

 今回はpupuちゃんの都合がつかなかったので、一人で行こうかなぁと思っていたら、職場の奥様ことママ友のKさんが
「あ、じゃあ、一緒に行くわ!」
 と、言ってくれました。

 さて、京都駅に降り、バス乗り場に行ったら長蛇の列!!!
 京博行きのバスは、清水寺→祇園→岡崎→銀閣の観光の目玉コース方向のバスなので、ものすごい列でした。
 で、バス待ちの間に台湾から来た観光客の方と懇意になり、
「日本語は『清水』とかいて、『きよみず』だったり、『しみず』だったりで、難しいですねぇ。」
「いやぁ、日本人でも読み間違いは多いですよ〜〜!」
 と、しゃべっておりました。
 Kさん、関西主婦の必殺!飴ちゃんプレゼント。

 さて、京博は「鳥獣人物戯画」の時とは違って、入口の待ち時間0でした。
 しか〜し、やっぱりメインの「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」の前では大渋滞!
 解説イヤホン使用の方が、止まってしまうようで、動いてくれないんですね。さすがに途中から係員さんが
「1歩ずつお進みください〜〜!」
 と、注意し始めました。
 それでも「鳥獣」の時と違って、20秒程しかみられないと言う事はなく、勢いのある筆致、それでいて考え抜かれた構成をじっくり眺める事が出来ました。

 今回、風神雷神は宗達と抱一のが展示されておりまして、残念ながら光琳のはありませんでした。
 比較すると、宗達は大胆な筆致ではあるけど、全体のバランスが非常によいんですね。
 それに比べると抱一のはちょっとバランスがよろしくありませんでした。

 改めてみると、光琳は結構絵の中にユーモラスな遊びが多いなぁと思いました。
 でも、下絵なんかをみると、結構厳しい人だったような気もします。

 で、乾山の陶器がありまして‥‥‥好きです。
 どれ見ても好き!世捨人風な書画に対し、ポップでカラフルで意表をついた造型の陶器がいい!

 まぁ、光琳や乾山はMOAの所蔵品がめっちゃいいんですよ〜〜!
 前期にMOAからも出品があったようですが、一番いいのは出してませんねぇ。
 ‥‥直接見たからいいけど。

 抱一はリアルとデザインをバランスよく組み合わせているなぁと、思います。
 構成も、塗り方も、描き方も非常に神経質でデリケートです。
 Kさんは
「美しい!」
 と、感心しておりました。
 出光の八橋屏風は前期でした。‥‥見たかった!!!!

 実は、今回の展示、過去に見た事があるのが(大和文華館なんて、学校からも行ったし、近所なので暇つぶしに寄ってたし)結構ありまして、前期の方が見たかったのが多かったような‥‥く〜〜〜〜〜!
 それでも、宗達をあれだけじっくり見る事が出来たのは、本当に感動でした。

 ただ、図録の構成が余り好みでなかったので、今回はパスしました。
 クリアファイルも買いましたが、風神雷神以外の絵もグッズにして欲しかったなぁ‥‥‥‥。

 ついでに、京都ネイルの京博限定色を買わなかった事を、ものすごく後悔しております。
 あとで、Kさんに
「普段行かへんとこのは、迷ったら買いよ!」
 と、言われました。

スポンサーサイト

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 20:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    あれ?空いてた??
    あれ〜?土日も待ち時間が少なくなってますね・・・
    普通、展示会終了間際って混むもんだけど、なんでだ?
    でも、ゆっくり見られて良かったね!気になってたんですよ。
    • pupu
    • 2015/11/15 11:34 PM
    いやぁ、いらっしゃったんですね(^^)
    羨ましいです♪

    >「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」の前では大渋滞!
    やっぱりねぇ・・・あれ、絵巻だから、というのもありますが、今回のテレビのSPでは、各局でやたらに褒めちぎってってました!!
    実際本物は凄いだろうな・・・見たい〜!!

    >大和文華館
    憧れの美術館です。寝覚め物語絵巻があるんですよ。あれは、なかなかよそに出ないので見てみたいです(^^ゞ

    ・・・って他はみんな見ているようですが、都内だって関東近県だって、行ったのは上野近辺だけですね(^^;

    >京都ネイルの京博限定色
    ヒョエ!そんなのもあるんですか?!
    いやぁ、それは買いでしたねぇ・・・残念でしたね。

    でも、あれだけの豪華な美術品一度に見たら、それだけでボーッとなっちゃいますよね・・・しつこいですけど羨ましいm( )m

    • 怪傑おばさん頭巾
    • 2015/11/15 11:40 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM