色々と‥‥‥‥

  • 2017.08.31 Thursday
  • 02:01

JUGEMテーマ:剣道
 

 

 剣道月間後半。
 

 

 橿原市内の剣道大会である中西杯が川上村交流大会と日程がかぶり(県の連盟行事なのに、橿原市剣道連盟がかぶらせたんですよ怒る)、市内の道場の半分近くが選手と監督を分けなくてはいけませんでした。

 おかげで、選手も少なかった代わりに、審判して下さる先生や呼び出しをして下さる先生も減り、何故か私とS道場のF先生がず〜っと呼び出しをやっていました。
 審判の先生方のローテーションもかなりキツかったようですが、交替要員がいなかったので、私もへとへとになりました。
 来年は日程をずらして欲しいです、ホンマに〜〜!
 

 うちの末っ子は5〜6年の部で準優勝でしたが、正直言って、優勝出来る!と思っていたのにダラダラ試合して負けたもので、私は勿論ボロクソに怒りました。うちの道場の先生も

「道場長先生がいたら、怒鳴られてたぞ!!」
 と、怒り、S道場の先生方も
「アレは狙えたぞ〜」
 と、残念がり、誰も褒める人がおりませんでした。
 夕方、道場長の先生から
「準優勝おめでとう!」
 と、LINEを頂いたのですが、
「あれはあきませんよ〜。もうちょっときっちりと攻めないと」
 と、母がボロクソ書いたので、やっぱり、褒めてもらえなかった末っ子でした。
 
 四男の審査ですが、もう、2回も書きたくないので、Facebookのをコピーします。
 

 27日は四男の昇段審査でした。
 うちの道場は1級合格後から剣道形を教えてくれるので、実技と形に関してはほとんど心配していなかったのですが、四男には学習障害が見られ、物を覚えるまでにかなりの時間がかかるのと、文章を読むのが非常に‥‥というか、かなり苦手で、特に漢字の読み書きがほぼダメなので、学科についてかなり心配していました。


 審査の2〜3ヶ月前からほぼルビを打った解答例を作って、トイレの壁3面に貼り、本人にも持たせ、時々質問するなど、かなり努力したのですが、結果は不合格でした。
 覚悟はしていたのですが、やはりショックはショックでした。

 次回審査時の実技・形の免除の用紙をもらいに行った時に、四男の答案を見せてもらったのですが、やっぱり、漢字が読めていない‥‥‥結構、本人も私も頑張ったんだけどなぁ‥‥とがっくりきていたら、‥‥まぁ、悪気はなかったと思うんですが、関係者の方が
「こういう点数です。勉強されなかったようですね。」
と、言われたので、さすがにカチンときました。

 

 世の中には、どんなに努力してもどうしても結果に出ない子がいるんですよ。
 四男が初心者の友だちに稽古形を教えていたり、剣道形も稽古量が足りない友だちに教えていたり、読み書きでさえなければ、十二分にやって来た事は、私も剣道場のママたちも知ってるし、わかってくれています。
 その周囲が合格していく中で、ハンディキャップ故に本人だけが取り残されていくであろうことは、つらいし、苦しいです。
 さらに、それを世間に理解されないで「勉強していない」の一言で片付けられる事は、悔しいし、哀しいとしか言いようがありません。

 上記の免除用紙の時に、別の係の先生に
「うちの子は学習障害があるんですが‥‥」
 と、言ったら、事前に言っていれば、症状に合わせて対応するとの事でした。


 まぁ、そう考えて、診断書が出してもらえるかと、夏休み中に医大にも行ったのですが、初回は問診だけで検査は2ヶ月待ち‥‥、結果はさらに2ヶ月なので、症状が確定するのって、12月!!!
 これでは11月の審査にはとても間に合いません。

 もう必死のパッチで再勉強させるか、2月まで待って、対応に期待するかですが、どの程度の対応なのか、わからないのが困り者です。


 あんなにがんばって、毎日越境して部活動しているのに、一生段は取れないかもしれない、出られない試合がこれからも出てくるだろう‥‥そう考えると、何だか色々と理不尽に思えて、偶々帰宅した次男の前でだけ、声を上げて泣いてしまいました。

 もう、本当に落ち込みました。

 

 審査後の稽古で、道場長の先生が四男の初段不合格について、大層残念がって下さって、
「そんなん、今度、本人の症状に合わせて対処したってくれって言ったるわ!」
 と、心強い言葉を下さいました。
 ありがとうございます。

スポンサーサイト

  • 2019.05.12 Sunday
  • 02:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    夏休みも色々お疲れ様でしたm( )m

    >日程がかぶり
    ま!お役所仕事!!
    せっかくの試合ですから、出るのも勉強、見るのも勉強で大事なチャンスなのに、ねぇ。

    >末っ子は5〜6年の部で準優勝
    おめでとうございます(*^^*)
    立派ですよ〜!!
    当日の調子にもよるだろうし…まぁ、優勝できる試合を落とした!ってことなので、お母様やほかの先生方が悔しいのはわかりますけど、やっぱり準優勝だって大変なことだなぁ、と第三者としてはひたすら感心しています。

    >四男の昇段審査
    剣道一家のご家族のお気持ちを考えますと何も言えませんが、
    四男さんの日々の努力や研鑽が認められることを心からお祈りしております。
    見ている人は見てくれてます!!
    • 怪傑おばさん頭巾
    • 2017/09/06 1:16 AM
    ★怪傑おばさん頭巾さん

    >夏休みも色々お疲れ様でしたm( )m
     職場の人に
    「ちゃんと布団で寝てる〜?」
     と、聞かれていた位、連日、布団ではなく、椅子の上とか、座椅子とか、座布団の上で寝ておりました。

    >日程
    >大事なチャンスなのに、ねぇ。
     ‥‥ですです。
     これは、連盟行事に余り参加されない道場の先生が市の会長さんなので、ご自分とこの練習日と市内の試合をかぶらせない為に、連盟の試合日とかぶらせているのでは?疑惑もあります。

    >準優勝
     試合終了と同時の、うちの道場とS道場からの悲鳴みたいなため息は、物凄いものがありました。
     まぁ、それだけ期待してもらえるのも、ある意味幸せなのかな?と思います。

    >四男の昇段審査
     現在、うちの道場長先生や部活動でお世話になってるU中学の先生と対策中です。
     発達障害より学習障害の方が新しい為か。診断書を出してもらえない事が多いそうです。‥‥色々深刻なのに。
     医大が余りに時間がかかるので、セカンドオピニオン的に別の個人病院で診察を受けては?と、アドバイスも受け、そちらも検討しております。
     ただ、専門医が家から遠いんですねぇ。
    • ぐんまま
    • 2017/09/10 1:46 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM