彼岸花

  • 2017.10.15 Sunday
  • 23:44

JUGEMテーマ:園芸


 もう、半月ほど前の風景です。


 明日香村や、職場のある香久山近辺の畦には彼岸花が咲き誇っておりました。
 彼岸花と言うだけあって、ホンマに、秋のお彼岸の前後1週間程の光景です。
 あっという間に咲いて、あっという間に枯れてしまいます。


 色がちょっと、毒々しい程の赤なのに、儚いものです。
 女郎花なんて1ヶ月以上咲いていたし、うちのアジサイなんて、まだ咲いてるのもあります。

 高松塚古墳の方へ行くと、多分、人の手で植えられたものなのかもしれませんが、白い彼岸花‥‥白花曼珠沙華が結構咲いています。
 それはそれで清楚な感じがしていいですが、私はやっぱり赤いのが好きです。

 日本の曼珠沙華(彼岸花)はリコリス科なのだそうですが、近種のネリネも色んな色があって、いいなぁと思います。
 ちょっと育ててみたいなぁと、憧れております。

 今年、うちの庭に1輪だけ彼岸花が咲いていまして、末っ子が
「うちの彼岸花」
 と、喜んでいました。
 ‥‥‥‥写真取り損ねてた〜〜!だって、すぐに枯れてしまうんですもの‥‥‥。

 

スポンサーサイト

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 23:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    ご無沙汰しておりますm( )m

    前の遺跡の記事も拝読していたのですが、オメメ大事で読み逃げしておりましたm( )m

    >彼岸花
    って響きが好きです。
    花も儚くて綺麗で、若くして逝った佳人の姿!と言う気がします。

    ここでこれを書くのは違反なんでしょうがm( )m
    10月の国立の孝夫さん!見たかったぁ〜号泣!
    南北で孝夫さんで、惡の華!と来たら、ホントに玉さんの淀殿と悩んでいたのですが、それどころではなくなってしまいました。

    11月は歌舞伎で勘平腹切りなんです!!
    孝太郎がお軽でどこまでできるか心配だし、秀太郎のお才(この役大好きなんです)は今絶好だろうと思うし(^^)

    スミマセン。
    どこにも書くとこがなくて、こちらで吠えさせていただきました。重々お詫びしますm( )m
    • 怪傑おばさん頭巾
    • 2017/10/19 2:18 AM
    ★怪傑おばさん頭巾さん
    >読み逃げしておりましたm( )m
     いやぁ、私もここの所バタバタしていて、読み逃げ状態でした。すみませぬ〜〜!

    >彼岸花
     じっくり見ると、すごく繊細な造型ですよね。

    >10月の国立の孝夫さん!見たかったぁ〜号泣!
    「霊験亀山鉾」ですよね?
     昔に大阪で見た記憶があるんですが、悪役の仁左衛門さんは何故あんなに嬉しそうなんでしょうかねぇ?
     私、ここ数年悪役仁左様しか見ていない気がしますw。

    >玉さんの淀殿
     うわ〜、これ見たいです〜〜〜。

    >11月は歌舞伎で勘平腹切りなんです!!
     昔、見ましたね〜〜。お軽は時蔵だったかな?
     70代で勘平やって、違和感ないのはすごいですよね。

    >どこにも書くとこがなくて、
     いやぁ、もう、全然OKです!!
     むしろ待ってますので〜!

     また観劇のご感想を拝見したいので、復調をお待ちして降ります。
     一時期危篤と言われたうちの祖母は、現在、完全復活しております。
    • ぐんまま
    • 2017/10/21 8:44 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM