祖母逝く

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 23:33

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 11月5日に母方の祖母が永眠しました。

 長らくお見舞いにも行けてなかったのですが、この土日は末っ子の体調が悪く、月末にお見舞いに行こうと思っていた矢先だったので、最後に会えなかったのが残念です。


 101歳の大往生で、病気で苦しむこともなく、最期の晩餐は好物のうなぎで、穏やかに逝きました。本当に羨ましい限りです。 
 生前は典型的な「食い倒れ」「食道楽」の大阪人で、美味しいものを食べる為ならどこへでも出かける人でした。


 出棺の際も弟や義妹、従妹たちと、
「おばあちゃんだから、おまんじゅう入れてあげたいね。」
「いや、おはぎちゃう?」
「うなぎかなぁ?」
 などと、半ば本気で言っておりました。

 私は「梅ぞの」のわらび餅を買って行こうか本気で悩んだのですが、まだ開店前だったので断念しました。前にお見舞いに行った時、

「うわ〜、こんなに食べられへんわ〜」
 と、言いつつ、1個をペロリと平らげていたのを思い出したからだったからなんですけどね。

 

 私らの知ってる祖母はしゃきしゃきして、ちょっとせっかちで、おはぎやいなり寿司を作ったり、美味しいものを食べる為に外食に出かけたりしている人なのですが、母達姉妹からすると、戦後、満州から一家5人で引き揚げて来て、祖父が宅建の資格を取りに勉強している間、うどん屋さんをしたり、餃子屋さんをしたり、混乱期をたくましく乗り越えた人なのでした。
 告別式の後、母や弟達、義妹とそんな話をしたりしながら、祖母を偲んでいました。

 

 向こうで祖父や大叔母(祖母の妹)に再会出来たでしょうか?

スポンサーサイト

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 23:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    >101歳の大往生

    蒲焼のおばあさまだ!とすぐ思い出しました。
    お悔やみ、というよりは、おめでとうございます、という方もいらっしゃいますよね。
    後生がよいと申し上げるのでしょう。

    >混乱期をたくましく乗り越えた人
    だからこその大往生なんですね。

    きっと極楽でも美味しいものをたくさん召し上がっていらっしゃいますよ!!
    羨ましい生き方だと、しみじみ思いました。
    ご冥福を心よりお祈りいたします。
    • 怪傑おばさん頭巾
    • 2018/11/12 9:22 PM
    ★怪傑おばさん頭巾さん
    >蒲焼のおばあさま
     剣道のママ友にも
    「ウナギ食べて危篤から復活したおばあちゃん?」
     と、聞かれました。
     高校の時の友人だと「おはぎのおばあちゃん」になるんですかねぇ?

    >お悔やみ
     そう言えば、誰も言ってなかったような‥‥‥

    >後生がよい
     ですねぇ。
     皆が「羨ましい!」と、言ってました。

    >極楽でも美味しいものをたくさん召し上がっていらっしゃいますよ!!
     骨上げの時に、皆が「顎の骨どれですか?」と、聞くので、斎場の方が
    「顎の骨以外の骨も拾って下さい。」
     と、注意されました。
    「いやぁ、やっぱりおばあちゃんやしなぁ‥‥」
    「向こうでも何か食べて過ごさはるやろしなぁ」
     と、親戚一同が異口同音だったのが、妙に可笑しかったです。‥‥‥ああいう場なのに。
    • ぐんまま
    • 2018/11/12 9:38 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM