バースデイ観劇!

  • 2007.07.23 Monday
  • 01:55
 今日‥‥って、もう昨日なんですが、私のお誕生日(7/25)プレゼントとして自腹で歌舞伎に行ってきました。その間、ジャンボ君は子守りです。

 せっかくやし、浴衣で行こう!と、前日から、着物と帯、下着や紐や帯板なんぞを準備して、下駄もネットで鼻緒のすげ方を見てすげ直し、気合い充分だったのですが、‥‥その日はアレの発売日だったんですよ。

 アレ、「ハリー・ポッタ−7」です。
 英語苦手なくせに買っております。
 で、翻訳サイトで1ページ目を訳し、それを意味の通る日本語に直したり、ぱらぱら読みなどしているうちに、寝るのが遅くなってしまいました。アホです。

 で、7時に目覚ましかけてたんですが、30分、もがいてました。
 子供らの朝食はジャンボ君が作って食べさせてくれてましたが、(テレビの為なら5時半からおきている大バカ兄〜ズ)、洗濯物を畳んで仕舞って、次の洗濯物を干すのは私です。(回しては、くれてました。ジャンボ君ご苦労さん)気がつけば、もう、家を出ないといけない時間、結局、機動力を発揮出来そうな服装です。とほほ。
 一昨年、浴衣で行った時は、何故か手ぬぐいがよく飛んで来たので(4つもゲット出来たので、一つは隣の方に差し上げました。ちなみに1つは片岡仁左衛門様御手ずから投げられたもので、もう一つは中村橋之助さんが投げられたもの。両方大事に仕舞っております。)縁起を担ぎたかったのに〜〜!

 さて、今回は噂の海老蔵さんを初めて見る‥‥ハズだったのですが、怪我で休演。
 代役が片岡愛之助さんで、お昼の部はフル出場でした‥‥ひえ〜、ご苦労様です。
 
 まず「鳴神」。見るのは2度目かな。前のは鳴神=橋之助さん、雲の絶間姫=福助さんでしたが、今回は愛之助さんの鳴神、孝太郎さんの雲の絶間姫。
 愛之助さんのは意外に線が太い(男っぽい)鳴神で、孝太郎さんのはなかなかにしたたかな雲の絶間姫でした。

 愛之助さんも、背が伸びてしまった所為か、最近は立役ばっかりだなぁ‥‥。昔は女形が多かったんだけどなぁ。
 孝夫さんの時代の仁左衛門様に、何となく雰囲気が似ております。

 次が「橋弁慶」。
 これは五條の橋の上で刀狩りをしている少年に挑む弁慶‥‥と云うストーリーになっております。その理性的な弁慶が愛之助さん、牛若丸が中村壱太郎くん。

仁左衛門@知盛 で、「義経千本桜・渡海屋大物浦」。
 千本桜は川連館とすし屋は見た事があったのですが、これは初めて。
 知盛が仁左衛門様、義経が薪車さん、典侍の局が秀太郎さんでした。
 で、ここで‥‥よりによってここで睡眠不足が炸裂し、何度か一瞬間気を失いました。時代物、動き少ないから苦手だし‥‥。
 ああ、でも、やっぱり仁左衛門様はお素敵です。
 個人的には世話物の仁左衛門様が好きですが、ああいう激しい役もよろしいです。お若い頃(今の私位の時)は線が細くて、荒事より和事!だったのですが、結構、ハマっております(えらそう)。


 ところで、「大物浦」の大物って、今の阪神電車大物駅付近の事なんですね!
 いやぁ、「おおもの!と書いてダイモツ!」とか言ってるくせに、気付きませんでしたわ。
 余談ですが、梅川忠兵衛で有名な新ノ口村は、かなり近所で、私の自転車の行動範囲です。お墓もあるらしいです。

 さて、えび様が休演で、夜の部の「女殺油地獄」の与兵衛役、仁左衛門様が代演になりました。‥‥以前見たんですが、見たかった‥‥。
 こっちは冒頭、徳庵が舞台で、ここは某書店の2つぐらい手前の駅です。

スポンサーサイト

  • 2017.10.15 Sunday
  • 01:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    ぐんままさん、絵、お上手ですね。眉間の皺、
    頬の陰、顎の青いあたり、すごく雰囲気出てます。
    • たかおファン
    • 2007/07/23 12:04 PM
    ★たかおファンさん
     はじめまして。
     たかお‥‥というあたり、妙にシンパシーを感じてしまいました。

    >絵
     ああ、やっぱり本物の格好よさにはかないません。
     化粧顔もいいのですが、仁左衛門さまの素顔の、ほわわ〜んとした感じが、もう、めっちゃ好きです。
    (しばし、思い出して陶酔中)

     あまり仁左衛門さま仁左衛門さま言うと、倅達に
    「お母さんの浮気もん」
     と、ののしられるので、ぐっと我慢!

     誰か一人、歌舞伎方面に進んでくれないかな?
    お誕生日おめでとうございます。
    今年も姫の誕生を祝して、下々の者が花火を上げ、崇め奉っておりました。
    その様子をTV大阪で眺めておりました。うちの家からも、川沿いの低い花火は見えませんが、高く上る花火はビルの間から見えます。
    また、「空」のページでアップいたしますので、ささやかながらお誕生祝いとしてご笑納くださいませ。
    ★石野陽虎さん
    >お誕生日おめでとうございます。
     ありがとうございます。大台に乗りました(笑)。

    >今年も姫の誕生を祝して、下々の者が花火を上げ、崇め奉っておりました。
     ほ〜ほっほっほっほっほ。
     今年も妾の生誕を祝う庶民共が、かまびすしい事よのう。
     と、性懲りもなくやっております。

    >「空」のページでアップいたしますので、ささやかながらお誕生祝いとしてご笑納くださいませ。
     わ〜〜、ありがとうございます!!
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    片岡愛之助片岡 愛之助(かたおか あいのすけ)は、歌舞伎役者。屋号は松嶋屋。 当代は6代目。* 片岡愛之助 (初代) -* 片岡愛之助 (2代目) -* 片岡愛之助 (3代目) -* 片岡愛之助 (4代目) -* 片岡愛之助 (5代目) -* 片岡愛之助 (6代目) - 片岡秀太郎 (
    • ひよりの記録
    • 2007/07/28 4:40 AM

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    Twitter

    お天気

    NHK時計

    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM