お酒の話

  • 2008.03.01 Saturday
  • 15:53
JUGEMテーマ:グルメ

 私は下戸です。
 若い頃は友人とカクテルを飲みに行った事もありましたが、‥‥何か、駅で
「ゴミ箱と目が合った〜〜!」
 と、笑いが止まらなくなった記憶が‥‥。う〜ん、いつもたかせさんに引っ張って帰ってもらってたなぁ‥‥すまそ。

 しかしながら、ジャンボ君は晩酌程度には嗜むので、日本酒は購入します。
 尿酸値が高いのでビールはやめといた方がいいのですが、夏場はまぁ、350ml一缶を開けております。
 で、以前宣和堂さんのブログで奈良の今西清衛兵商店の「春鹿」の「しろみき」というお酒を紹介されておりました。(記事にリンク出来んかったのでサイトにリンクしております)
 興味を覚えたので、先日近所の酒屋さんに取り寄せしてもらいました。チョコも渡しましたが、まぁ、バレンタインのプレゼントです。
 春鹿しろみき 純米大吟醸 活性にごり 生酒というやつです。

 慎重なジャンボ君はゆっくりゆっくり栓を開けたので吹きこぼれなしです。
 私はおちょこにワンフィンガー程味見しました。さて、お味。
 おちょこの中で、お酒は跳ね回っております。発泡酒ですな、まるで。
 口に入れた瞬間はもろみの甘みがきて、クリーミーなんですが、結構辛口です。
 後口はスッキリしております。
 日本酒はちょっと発砲している方が飲みやすい気がするのは、気の所為でしょうか?

 日本酒と言えば、ジャンボ君の以前の部署は「お米」だったので、奈良の蔵元も当然詳しいのですが、仕事で行く分には嫌われ役なので、面が割れている蔵元さんへ買いにいくのは私です。で、
「あなたの実家の近くの中本酒造のお酒は、どれをとっても美味しい。」
 と、いうので、当時まだ子供が少なかったので、値は張りましたが、何やら受賞している「純米大吟醸 竹風万葉」を購入。
 これは本当に美味しかったです‥‥おちょこ半分ですが。
 フルーティな香りの大吟醸で、ほんのり甘いような、それでいてすっきりとした味わいです。
 で、ここのおススメ!
 数量限定の「あらばしり」(各種)です。‥‥通販の残り、少ないですね。
 これは「しろみき」ほど激しく発砲していないので、それほど気を使わなくても開栓できます。まぁ、微炭酸ぐらい。
 フルーティな中本さんのお酒がちょっと発泡していて、飲みやすいです。
 和食にも洋食にもOK!
 昔、某所でのオフ会に持って行って、好評でした。

 ついでにジャンボ君お気に入りの銘柄。
 御芳野商店の「花巴」です。
 これは私飲み損ねましたので、味分かりません(笑)。

 あと、梅酒。
 梅乃宿梅酒
 ただし、子供が狙うので、要注意です。

 いずれも通販出来るようです。
 ぐんまま家の晩酌リストでした。‥‥飲んでるのジャンボ君だけですが。

スポンサーサイト

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 15:53
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    うまそうな酒が並べられてて、興味しんしんです。
    「春鹿」というと、辛口で有名ですが、生酒ですか。

    呑んでて一番やばいのは、地酒の店なんかで壁に書かれてる酒を「右から順番に呑んでいこう!」なんて雰囲気になった時です。何度かえらい目にあいました。

    大雑把な言い方ですが、私が好きなのは岐阜の三千盛(みちざかり)と秋田の刈穂(かりほ)って酒です。
    純粋に美味しいというより、一度呑んだ時の場の雰囲気がよかったんで、何かその酒ごと気に入っちゃったって感じで、もっと美味しい酒はいろいろあるんでしょうけど、好きです。
    桂枝雀師匠は池田の呉春て酒が好きだったそうです。会社の近くの瓦屋って店では、呉春の冷酒を呑みます。
    ★石野陽虎さん
     うわ〜、コメント送ったつもりだったのに、消えてる〜〜!

    >「春鹿」というと、辛口で有名ですが、生酒ですか。
     ご明答!しろみきも辛口の生酒です。

    >「右から順番に呑んでいこう!」
     金銭的にも健康的にもヤバそうですね。
     ‥‥「いきなり黄金伝説」みたい。

    >岐阜の三千盛(みちざかり)と秋田の刈穂(かりほ)
     今度ジャンボ君に薦めてみます。

    >場の雰囲気
     友人と昔飲んだ「久保田 萬壽」は美味かった‥‥って、今は手が届かな〜い!

    >池田の呉春
     わりと甘口だった記憶があります。

     中本酒造は磨崖仏の王龍寺から車で10分位です。
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM