「氷と炎の歌3・剣嵐の大地」〜登場人物編・4

  • 2008.08.27 Wednesday
  • 01:08
JUGEMテーマ:読書

「剣嵐の大地」登場人物に関するツッコミ編です。
 ネタバレ全開なので、これから読もうと思ってらっしゃる方は、読後にどうぞ!
 おまけに手元に本がなくて、記憶で書いてる部分もあるので、間違っていたらすみません。

 今回はサンサ、ティリオンです。
 イラストは‥‥根性があれば、後日アップしますが‥‥アレになるのかしら?

 そう言うわけで参る!


●サンサ
 やっぱり被虐の美少女。
 時々ハウンドを回想してくれるんですが、果たして再会出来るんですかねぇ?‥‥再会して欲しいなぁ。

 と・こ・ろ・で‥‥だ!
 私、『王狼』のあのシーンは寸止めやと思ってたんですが、ちゅーはしっかりしてたのね、ハウンド。
 どの程度のちゅーだったのかは突っ込みませんが‥‥。

 閑話休題。
 今回一応人妻になったんですが、まだ乙女のままで、その貞操の行方が物語の展開並みに気になっております(笑)。
 ハウンドはお貴族様の割に生活力があるのですが、サンサの方が平民生活を送れそうになくて、ちょっとカップリングが難し気ですが、貴族でないと生きて行けないティリオンとの方が、実はよい夫婦になれるんじゃないかな?
 ティリオンの事も、ハウンドの事も、失ってからその価値に(漠然と)気付く間の悪さは、サンサがダイアウルフのレディを失った事により、自分にとって良い人なのか悪い人なのかを見分ける事が出来ない‥‥と言う事なのでしょうかね?
 他の兄弟のように、進む道を示してくれるダイアウルフがいないサンサは、善人の仮面を被った人達の計画に次々巻き込まれ、彼女にとって本当に善なる人物とは一緒になれません。
 サンサに安息の日は来るんでしょうか?

 で、アレだ!!
 今回のサンサ編のメイン。
 小指とメタボ女。(ひどい言い方や)
 小指、こえぇ〜〜!
 メタボ女‥‥色々とすっきりした。(さらにひどい言い方)
 アホ餓鬼も今までと同じようには生きていけないだろうと思うと、めっちゃ楽しみです。‥‥いっそ、飛ばしたれ!
 私やっぱり、リサ&ロバート・アリン親子嫌いです。

●ティリオン
 前回の最大の功労者であったにもかかわらず、何も報われないどころか、失いまくりのティリオン。
 今回の前半は結婚と言う一大イベントがありながら、それも彼の人の良さから報われない結婚となり、結果的に(まぁ、サンサも利用されただけなんだけど)彼を破滅へと追いやってしまいます。
 冷たい父と姉、決して自分を信じてはいない叔父、その中で唯一、ジェイムとの再会のシーンは心温まるものだったのですが、ジェイムが隠していた過去の真実を知り、とうとうティリオンの我慢は限界に達し、堪忍袋の緒が切れてしまいます。
 まぁ、私としてはラストのティリオンには
「でかしゃった!でかしゃった!」
 と拍手喝采なのですが、それが第4部のほにゃららら〜になってしまうのね。

 現在の作者サイトの5部のサンプルが、第3部の直後のティリオンの話なのですが、 つまり、その後のティリオンの運命は、しばらくお預けなのですよ。4部には登場しないのです。
 うげ〜、何年待つんだろ?‥‥辛い!!

スポンサーサイト

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 01:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
     しかし、面白いんだけど、結局ぐんまま様しか読んでくれなかったなぁ。弟子には荷が重いようです。宣和堂様と飯香幻様と吉梨さんがこの本に興味示すように頑張って下さい。師匠!
    • 師走
    • 2008/08/28 7:42 PM
    ★師走さん
    >宣和堂様と飯香幻様と吉梨さんがこの本に興味示すように
     吉林へ行ってしまったさとうしんさんの好みのタイプだと思うんですけどね。
     宣和さんはドラマ化されたら、即飛びついてくれそうなんですけどね。
     吉梨さんはマーティンの他の作品を読まれてるようなので、がんばってもう一押しして下さいませ。
     ‥‥で、飯香幻さぁん!ご指名がかかってますよ(笑)

     私はpupuさんや石野さんやおばさん頭巾さんにもおススメしたいですね。
     如何ですか?

     うちの長男は、読書すると3ページで挫折する人なので、私があらすじを話してやってるんですけど、わりとはまってくれてますよ。
     やっぱりハウンド萌えですね。

     ファンタジーと言う言葉を信用すると、裏切られますね。第1部のラストまで、ファンタジーの要素ありませんでしたもん(笑)。
     第2部は政治と戦争の駆け引きの話だったし、第3部は宮廷陰謀劇がメインでしたしね。
     ジャンルはファンタジーと言うより、架空史劇ですね。

     で、性描写が、まぁ、ハリーや指輪に比べるとキツいし、戦争の惨さなんて、これでもか!これでもか!と畳み掛けるように来ますので、さすがに小学生に読めとは言えませんが、中学後半ぐらいだったらOKですね。
    (『奇子』隠れ読んだ女が何を言ってるんだか。)
    ぴよです、今晩は!
    サンサの貞操は意外と最後まで守られそうですね。
    小指は多分美味しいものを最後に食べるタイプかな?でもいつまでちゅーでがまん出来るか・・・見てて楽しいです(笑)
    サンサとハウンドのちゅーは「ソレ以上の事が起きたらどうしよう!」と思ってたら意外と進まなかった思い出がw
    デーナリスといい、サンサといい、美少女は親父に襲われる運命なのかしら。

    ティリオンが4部にでないと寂しいですね・・・、つい3部のティリオンの章読んじゃいます。
    そろそろ彼の人生もいい方向へ進むかな・・・いままで酷かったし。
    やっぱりティシャと再会させてあげたい。
    それでお互い幸せになれるとは思わないけど、誤解をといて彼女に償いしないと、ティリオンも辛いと思うのですが。

    原書は2009年の年末らしいですね、気長にまちます・・・。
    • ぴよ
    • 2008/09/14 7:13 PM
    ぴよさん
    >サンサの貞操
     きわどい所でセーフ!ですね。

    >小指は多分美味しいものを最後に食べるタイプかな?
     それで過去に魚を逃しているのに(爆)。
     本命には手を出せない賈宝玉(紅楼夢の)タイプなんでしょうかね、意外と。

    >サンサとハウンドのちゅー
     意外と紳士なハウンド。

    >ティリオンが4部にでないと寂しいですね・・・
     とりあえず、作者サイトのサンプルのティリオンを訳したいなぁ‥‥と思いつつ。
     ティリオンはデーナリス方向に進んでいるようですね。
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM