「氷と炎の歌4・乱鴉の饗宴」〜物語編

  • 2008.09.08 Monday
  • 02:09
JUGEMテーマ:読書

「乱鴉の饗宴」読みました!!
 図書館で借りたので、手元に本がありません。間違ってたら、すみません。
 ストーリーの感想ですが、ネタバレ感想は隠しておきます。

 今回は訳者変更に伴い、人物や団体の名称、地名などの固有名詞のカタカナ表記が大幅に変更になりました。
 メインの登場人物はともかく、脇役や地名なんて、頭の中で一致させるのが大変でした。
 この前代未聞の読者無視の暴挙とも言い得る突然の変更には、正直言って閉口しました。
 事前情報で知ってましたから、覚悟はしていたのですが、冒頭の地図のあの変更を見た瞬間、少々白けてしまいました。

 さてさて‥‥物語の感想です。
 全巻が物語の大転換で、怒濤の展開だったのに比べると、この巻は間奏曲的な感じに仕上がっております。‥‥いや、物語は結構動いてるんですよ。前回が激しかったので、まぁ、ね。
 で、本来の主役と言うべきジョン・スノウ、デーナリス、ティリオンのPoV(視点人物)が皆無で、かなり寂しいです。
 アリア、サンサ、ジェイム(ジェイミー)、サムウェルという前回からのPoVと、新しくサーセイ、ブリエンヌ(ブライエニー)と、鉄諸島のクラーケン一族、ドーンのマーテル家といった面子で物語が進行します。

 では、読後者向けネタバレ感想。

 
 メインは人間的成長著しいジェイムと、おバカ街道まっしぐらのサーセイちゃんによる、ラニスター家の黄昏(?)の物語です。
 ホンマに、打つ手打つ手が失策の連続であるにも関わらず、
「あたしってば、すげェデキル女じゃん!」
 って気分に浸ってるサーセイが、後半は道化に見えて来て、哀れを誘いました。

 逆にジェイムとブリエンヌが、恋愛感情無さげに別れたにも関わらず、お互いにふと、相手のいい所や、あの旅の道程(ケンカばかりしてたのに)を思い出してるのに、ちょっと、ジ〜ンと来ました。
 今回、ジェイムのサーセイ離れが進んだ事だし、美男と醜女でいい!この二人がくっついてくれたら‥‥と、思いました。
 それにしても、ブリエンヌは可哀想すぎるぞ!!

 サムは男になったし(爆)、アリアはエラい事になったし、サンサはスイートロビンに乳を揉まれている上に小指に狙われてるし、イカは暴れてるし、ヘビは企んでるし、伏線だらけでした。
 う〜ん、これを全部収めるのは大変やなぁ。
(その点では、『ハリー』は上手く収まったなぁと思う。)
 物語は折り返し地点に入ったし、次からは伏線の回収になって行くんでしょうなぁ‥‥多分。

 今回ショックだったのは‥‥ハウンドの消息。
 まぁ、けど、多分彼は彼なのでしょう。世間的にはああいう消息にしておいた方がエエし‥‥と、楽観視。
 で、最大のショックはレーガーのあご。
 わ‥‥割れてるんですかぁ‥‥。
 なんか『一休さん』の蜷川新右衛門さんを思い出してもうたよ。
 西洋人と日本人の美的センスの違いが痛いです。

スポンサーサイト

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 02:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    >>冒頭の地図のあの変更を見た瞬間、少々白けてしまいました。
    別に単なる文字の羅列に過ぎないのに。皆過剰反応しすぎだなぁとしか。
    • 師走
    • 2008/09/09 12:38 AM
    ★師走さん
    >皆過剰反応しすぎ
     いやぁ、人物名は事前に知っていたから覚悟していたんですが、「東方監視所」が「海を望む東の物見城」になっていたのを見た時は、どっと脱力!
     宗教パート見たく、どばっと変えてるのは、まぁ、逆に必要だったのかな?と思えなくもなくもないんですが(どっちや?)、「デナーリス」とか「ジェイミー」とか、変える必要が感じられんもんまで、偏執狂的に変えてるのがなぁ‥‥、どうもやな感じに思えるんですな。

     ハヤカワには、大多数の読者が物語世界に入るのに躊躇させた‥‥というだけでも、責任を感じて欲しいなぁと思うんですが。

     人に薦める時も、言いづらいよ。
    「これね、ストーリー展開最高よ!‥‥まぁ、1〜3部と4部では固有名詞に100数カ所の変更があるけどさ!」
     宣和さん、ドン引きしそうや。

     そういや、「氷と炎の歌・乱鴉の饗宴改訂問題wiki」が出来ましたな。
    http://www26.atwiki.jp/meiyakunomoribito/
    >>大多数の読者が物語世界に入るのに躊躇させた‥‥というだけでも、責任を感じて欲しいなぁと思うんですが。
     うーん、出来上がってしまったものは仕方ないんだから、責任を感じるもくそもないと思うんですよ。誰かが迷惑をうけるわけでもないんですし。
    • 師走
    • 2008/09/09 12:25 PM
    ★師走さん
    >誰かが迷惑をうけるわけでもないんですし。
     しいてあげれば、作品の出来に関係のない所が問題になってしまったマーティン(笑)。

     マーティンと言えば、この間まではバカンスで筆が進まんかったようだが、今度はNFL‥‥。
     年内に5巻発売すんのかな?
     ‥‥最も、私は文庫派なんで、3部4部は図書館のご厄介になってる身だし、ハヤカワに余りエラそうな事言えんなぁ。

     それにしても、3部の文庫化が遅いのが、ちと気になる。

     そうそう、地図はこっちを見る事にしますわ。
    http://www.westeros.org/Citadel/Graphics/Gallery/Maps/The_World_01.gif
    ぐんままさん、今晩は!
    固有名詞wiki作った人すごいですね。
    見比べないと解らないような馴染みの無い固有名詞が、どう変わったか一目でわかって大助かり。

    サーセイは確かに哀れみをおぼえますね。
    あんまり「ざまーみろ」って気持ちにはならなかったな。
    みなさん大変なトコで終わってますね、でも7部まで続くんだ、いつそれが読めるんだ・・・と思うと先の長さに途方に暮れる気分です。
    この伏線をどう収めるか・・・収め切れなくて5部の執筆遅れているのかしら?
    年内は無理っぽい感じです、アマゾンの発売日が来年の12月末になってましたから・・・。







    • ぴよ
    • 2008/09/09 10:12 PM
    ★ぴよさん
    >固有名詞wiki
     それというのも、ハヤカワのサイトが更新されないから‥‥。

    >サーセイ
     自分の過ちに気付かずに、自画自賛を繰り返す姿は哀れ。でも、ああなって気の毒とは思えないですね。
     むしろ、
    「何ムシのいい手紙書いてんだよ、そんなもん、捨てられてまえ!!」
     と、思ってしまった私。
     だからといって、マージェリーが好きなわけではないんですけどね。
     ティレル家も親切そうな顔の裏側で、あーゆー事をやっておいて、ティリオンに罪を着せるような輩だから。

    >先の長さに途方に暮れる気分です。
     とりあえず、完結するまではマーティン氏には無事でいて欲しいもんですね。

    >収め切れなくて5部の執筆遅れているのかしら?
     ブログを見る限りでは‥‥‥遊びすぎ。
     それともあれは逃避行動なんでしょうか?

    >アマゾンの発売日
     エゲレスのHarperCollins(HarperVoyager)は2008/11/3なんですけどね。
     アメリカのBantam Spectraは2009/12/30ですね。
     あと少しとか言われてるのに〜〜〜うき〜!

     5部は原書に手を出してしまいそうです。
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM