デメント絶叫プレイ日記・24

  • 2009.07.25 Saturday
  • 01:01

「殺ってしまった!」からです。

 破砕機の部屋にも太陽のマークの扉があるので、開けて入ると大広間に入ります。
 先に進むと、いきなり一人で閉じ込められ、しばらく出してもらえません。ロレンツォが色々言ってくるのが、非常に鬱陶しい!変態だわ!
 ‥‥それにしてもよく生きてたな。再生シーンを想像すると、結構ホラーだ。

 やっと出してもらえたと思ったら、何か、違う所に出て来ました。1階にいた筈なのに、地図上では地下1階になっています。
 またもやロレンツォの声が、何たらかんたら言ってきます。
 さっさと逃げ出したいのですが、行ける所が一ヶ所しかないので、仕方なくそこに入ったら‥‥、

「ダディ?」

 をををを!縦ロールのもみあげ付き竹中氏!!
 などと思っていたら、ものげっつぅ濃い顔のお兄ちゃんになってしまったではあ〜りませんか?!くりーむ有田(ニコ動評価)とか、袴田吉彦(「フィオナのグッボーイ」さん)とか、ああいう顔。‥‥でももみあげは縦ロール!

 この兄ちゃんのおしゃれな肖像画、デビ編の新館スウィートに飾ってましたね。

 邪悪なくりーむ有田こと若ロレが手から炎を出して攻撃してくるので、慌てて部屋から出ると、外でヒューイが待ってくれてます。
 慌てて一緒に逃げますが、件の地図のコーヒー汚れゾーンで、いつまでも回廊が続きます。
 それがやっと終わったら、今度は子宮っぽい入口の回廊。
 一応、謎解きになっていますが、そんなに難しくもないと思われます。

 ここは夢幻回廊と湿った道というのだそうですが、そこを出ると、何故か1階に戻っています。最初に入口の反対側に出たようです。
 とりあえず、1階の大広間まで行き、セーブ。
 途中のケツ妹子が相変わらずうざいです。

 多分、早ければ次回で終わりでしょう。
 後半の展開は早かったなぁ。

 今回のストーリー編は、ロレンツォの台詞がめっちゃ多いので、かなり長いです。
 
 
   
 ストーリーです。

 破砕機のあるパルマの部屋から大広間に入ったフィオナは出口を探すのですが、1つには鍵がかけられており、別の一つは何か特別な力で閉じられてあり、唯一開いている扉の部屋に入った途端、ヒューイと別れて一人で閉じ込められてしまいます。

「フィオナ、お前はいけない子だ 。私をここまで困らせるとは‥‥」

 死んだ筈のロレンツォの声が部屋に響きます。
 何とか部屋を出ようと色々試してみるフィオナを嘲るかのようなロレンツォ。

「そんな所に隠れてどうするつもりだ?」
「我が愛しき永遠のアゾート。」
「おやおや、何を暴れているんだ?」
「フィオナ、ここからだと、お前のする事全てが見える‥‥」
「お前は分かっていないだけなのだ。」
「なぜ私から逃げる必要がある?」
「偉大なる真理のために、すべては優先される‥‥」
「フィオナ、お前はもう私のものだ!」

「さぁ、フィオナ‥‥こっちにおいで」

 ようやく解錠され、部屋を出るフィオナ。
 しかし、そこは先刻の大広間とは別の部屋になっていたのです。
 そこにまたもや響くロレンツォの声。

「偉大なるアウレオルス=ベリはこう言った、この世で最も価値のあるもの‥‥それは、大いなる真理であると。人は、人の命は‥‥その真理の運び手に過ぎない。我々は無為に生きているのではない、真理を具現化するために生かされているのだと‥‥。」

「フィオナ‥‥いや我がアゾートよ、こっちへ来るがいい‥‥」

 カチリ‥‥と音がして、正面の扉が解錠されました。
 部屋に入った途端、フィオナは驚いて呟きます。

「お父さん?」
「ああ、フィオナ‥‥愛しいアゾート!」
 男はフィオナの頬を撫で擦りますが、フィオナはその手を拒否します。

「アゾートは生命だ。我々アルケミストは、それを力に変えることができる!永遠に伝えることができる!お前のアゾートは我々のもの!」

 フィオナの父のウーゴと同じ顔をしたロレンツォは、笑い始めたかと思うと、急に引きつけを起こしたかのように痙攣し始めました。

 ‥‥そして、若い青年の姿に変化したのです。

「さて、フィオナ、お前のアゾートを、アウレオルス=ベリの永遠に差し出して貰おう。」

 フィオナは急いで扉を開け、ヒューイと共に逃げるのですが、そこは無限に続く回廊でした。
 ようやく終点についたと思ったら、白い廊下に出ます。分岐点には「白色より始まり」と書かれています。
 元素の色の扉を1度ずつ通過し、最後に黒い扉を通ると、東のエントランス横の庭に出ます。
 戻ると出られなくなりそうなので、先に進むと、あの閉じていた扉の内鍵を外して大広間まで戻ることが出来ました。

スポンサーサイト

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 01:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM