「天龍八部」その2(第9話〜第20話)

  • 2010.02.20 Saturday
  • 01:22
JUGEMテーマ:武侠ドラマ

 例によってレンタル半額キャンペーン利用で借りたドラマ「天龍八部」1〜5巻の感想です。

 9話からは喬峯改め簫峯(しょう・ほう)編。
 この辺は原作未読です。先に原作読みたかったんですが、‥‥ちょっと残念。
 段誉パートが急ぎ足でストーリー展開させていたのに比較すると、ものすごくじっくりと話を展開させております。‥‥丐幇の会議のシーンはくどい位。つまりはここがポイントという事なのでしょうが、ちょっとグダグダ。
 後で真相が分かった時には
「ああ〜、だからあのシーンのあの人はああだったのか!」
 と、思うんですけど、延々とおっさんがしゃべったり、喬峯がブッスリだったりだからなぁ、この辺寝そうでした。

 しかし、この展開ものすんご〜く簫峯が痛々しい。
「笑傲江湖」の令狐冲が周囲の人に誤解され、誰も信じてくれなかった時に、お婆様だけが信じてくれたあの辺にちょっと似てるんですが、簫峯はもっと悲惨展開です。
 17話の阿朱のアレは泣きました。
 簫峯の尋ね方も悪いが、段パパの答え方も悪い!

 そして何より、段パパの素行が悪すぎる!!

 それにしても、フェロモン夫人に対する阿紫のやり方はヒドいけど、ちょっとスッキリ。

 で、阿紫。
 この子が出ると何をするのか、ハラハラします。
 しかし性格が悪いながらも、今のところはそんなに嫌いでもありませんよ。
 簫峯に仄かな思いを抱いてる姿は、可愛いと言えなくもないですね。

 張衡平さんの諸肌脱ぎがあまりにエエ身体だったので、ちょっと惚れました。
 ‥‥なのに、退場されてしまったっす。

 で、ネタバレ感想イラスト付き。

 
キレた喬峰さん それにしても、簫峯はキレすぎだなぁ。
(このシーンはまだ喬峰でしたよね?)
 殺生しすぎ。

スポンサーサイト

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 01:22
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM