「天龍八部」その4(第29話〜第36話)

  • 2010.05.09 Sunday
  • 00:44
JUGEMテーマ:武侠ドラマ

 5/9、ネタバレマンガupしました。

 レンタル100円キャンペーンで借りたドラマ「天龍八部」8〜9巻の感想です。

 8巻はやっと虚竹のターン。

 6巻ではM男くんの存在感に喰われ、7巻では童媽様のパワーに喰われていた虚竹ですが、圧倒的な実力と謙虚で慈悲深い性格が勝利し、頂点に登り詰めました!
 虚竹パートは設定の重さとユーモアの軽さが上手く配分されておりますね。

 で、6巻位から本格的に登場して来た慕蓉復。
 この人、名前だけの登場の時が一番強かった気が‥‥。
 登場する度に弱くなっていってるような気がするのは、段誉や虚竹が(反則級に)強くなっていってるからなのでしょう。
 しかし、その度に性格が卑屈になってしまって、‥‥「射雕」の楊康タイプで、見ていて痛いキャラです。

 それにしても、霊鷲宮って女子校っぽい。

 9巻では過去の確執の正体が判明します。
 段パパもかなり外道だけど、他のパパ達の外道っぷりも相当なモノですな。
 君たち、息子を犠牲にしすぎ!!
 そして、何もなかったかのように●●!?
 あそこまで息子達の人生を踏みにじっておいて、それはないだろう‥‥。

 そして、今まで嫌なキャラだった葉二嬢の女っぷりに惚れた!
 その葉二嬢をかばう南海鰐神はいいヤツだよなぁ。
 あの辺の四大悪人はちょっとよかった。

 それにしても、隠し子‥‥というと、皆が一斉に段パパを見るのが妙に可笑しかった。
 本人も覚えがありすぎて分からなくなってるし‥‥。

 それにしてもM男君は萌えるねぇ!
 仇討ちモードのりりしい時と、阿紫の下僕モードの情けない時の落差が激しすぎて‥‥いいっ!
 阿紫失明中のM男君はとってもしあわせそうだねぇ。

 ネタバレは隠します。
  
游担之って‥‥ で、ネタバレ感想。
 唐突に改心するくまっちがこわい!
 虚竹の霊鷲宮の掌門ファッションが、恐ろしく似合ってない!
 せっかくの仇討ちなのに、阿紫に正体をバラしたくなくて本名を名乗らず、
「誰それ?憶えねぇなぁ。」
 と、簫峯の兄貴に不審者扱いされた游担之君が気の毒なような、ちょっと情けなすぎて呆れるような‥‥。

スポンサーサイト

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 00:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    これまた、ナイスなイラストレビュー(*^ー゚)b グッジョブ!!

    武侠モンの登場人物というのは、変わり身、立ち直りの素早さ上等で、
    江湖はこうやって逝き抜いていかなアカンのかと‥‥

    ウチも100円レンタルでイッキに借りるんだけど、
    いつもダレかが借りている‥‥
    もしかして、ぐんままさんちがライバルかも?
    ★digipinoさん
    >武侠モンの登場人物
     金庸もんの登場人物は「人の話を聞かない」「突然のパワーアップ」「異常なほど奥手」がお約束なような。

    >100円レンタルでイッキに借りる
     むしろ、半額と100円の時しか利用しない私。
     昔、近所のお店で「射雕英雄伝」を借りようと待っていたら、撤去されてしまったので、隣の市の同系列店まで行きましたよ。(経営者が同じらしい)
    「天龍八部」もそっちの方で借りました。
     うちの近所の方は何故かすぐに武侠もんが撤去されてしまい、隣の市の方の店に流れてしまうんですよ。

    >もしかして、ぐんままさんちがライバルかも?
     ははははは、ありえるかも。
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM