「ONE PIECE」について語ってみる その3

  • 2010.12.24 Friday
  • 01:30
JUGEMテーマ:ONE PIECE


「ONE PIECE」について語りますっっ!
 ちくっと間が開いてしまいましたが、「空島編」最終回はコニスちゃんについてです。

 空島についての知識をルフィ達に教えてくれたコニスは、優しくもおっとりとした、まさに「天使」のような少女です。
 しかしながら、彼女もエネルの裁きに怯える住民の一人でしかなかったわけです。

 市民として当然の義務を果たす事は、知り合ったばかりのルフィ達を裏切る事になる。しかし、義務を放棄する事は死を意味する‥‥そんな彼女はギリギリの所で義務を放棄してしまいます。

「空島編」の3日間の出来事(‥‥ですよね?)の間にキャラとして成長したのは、全てを失ってまた始めた冒険で生きる意味と夢を再び得る事が出来たロビン、我を通すだけでなく他を受け入れる事によって柔軟な考え方を得たワイパー、そして、流されるだけでなく自分が行動する事によって何かを変えようとするようになったコニスの3人ですよね?

 裁きから救われ、ガン・フォールの許に匿われるコニスと父は、それでもルフィ達を逃そうとするうちに、偶然エネルの真意を知ってしまい、その為に父は裁きにあってしまいます。

 この辺からのコニスさんが非常にいいのですが、彼女はまず、何も知らない同胞を逃すため行動します。
「冒?者」「疫病神」と罵られ、石を投げつけられながら、彼女は今奇跡を待つ無意味さを説きます。
「被害者だとうずくまれば生きていられた今までとは違う!!――動かなければ!後から誰かを恨んでも‥‥自分の命は守れない!」

 まぁ、コニスさんの行動は逃げる為の戦いなのですね。
 ワイパーは聖地を取り戻す為に戦い、ガン・フォールは争いをなくす為に戦い、ルフィは鐘を鳴らす為に戦う。
(エネルは自分の望みを叶える為にあーゆーことをしてるわけですが。)
 コニスはルフィ達に無事に逃げて欲しい、エネルの独善的な望みから皆を逃したい、その為に命懸けで行動するようになるわけです。
 結果、皆戦いの目的を全う出来るわけなので、「空島編」ラストがルフィを見送るコニスなのはそういう意味では当然なわけです。‥‥コニスは終始ルフィ達を無事に送り出す為に行動していたわけですから。
 別れの時は笑顔で、麦わらの一味の姿が見えなくなってから泣くコニスはいいですね。

 そんなわけで、「空島編」はうずくまっていただけのコニスが、逃がす為に動いた話でもあるわけです。
 ‥‥ああ、何が書きたいのか判らなくなって来た‥‥。

スポンサーサイト

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 01:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM