チャドクガと安野光雅「日本のふるさと 奈良」展

  • 2011.07.01 Friday
  • 00:53
 JUGEMテーマ:展覧会

 先日、部団の送迎当番の時に借りる幼稚園の自転車にチャドクガの幼虫がついているのに、気付かず、握りつぶしてしまいました。
 駐輪場横のツバキが全滅してるのには気付いていて、園長先生に話して消毒を頼んだ日だったのです。まさか、自転車のハンドルにまで進出しているとは考えてませんでした。

 おまけによく見ると、ハンドルどころか、前カゴにも、車輪にも幼虫さん達がうにうに動いてはったんです。

 あわてて、自転車から降りて、その辺に落ちてた棒で幼虫さん達を払い落としました。
 で、ダッシュで幼稚園に戻り、手や腕を洗い、ガムテープを借りて、腕やら手にペタペタやって、幼虫さんの毛をとりました。

 まぁ、おかげで、思ったよりはかぶれずにすんだのですが、ガムテープの隙間の部分や、幼虫さんを握りつぶした左の親指は結構キツくかぶれました。
 もう、10日ぐらい経ちますが、親指はまだちょっとブツブツが残っています。

 恐るべし、チャドクガ!!


 さて、先日、明日香村の万葉文化館で安野光雅さんの明日香のスケッチの展覧会があったので、最終日に見に行って来ました。

 んで、駐車場の料金を浮かせよう!‥‥と、自転車で中ツ道を通って行ったのですが、これがそもそも間違いでした。
 一見、平坦に見えるのですが、うちの家から明日香村まではず〜っとなだらかな上り道なのです。
 おまけに、その日は三男の試合で、お昼前に試合会場(奈良市)へ行き、1回戦負け(しかも前回と同じ子)で、さっさと帰って来た後だったので、私もちょっと疲れていたのですね。
 ついでに、試合会場は蒸し蒸ししてまして、選手の子が熱中症になって嘔吐してしまったりする暑さだったのです。

 そんなわけで、万葉文化館に着いたとき、私は既にへろへろでした。軽い熱中症になっていたのかもしれません。
 せっかくの展覧会なのに、頭ボ〜だし、立ち眩みがするし、最悪のコンディションでした。

 とどめに、余りの万葉文化館の不人気ぶりにか、駐車料金が無料になっておりました。

 で、安野さん。
 ‥‥‥‥‥もしかして、10年程前に稲淵でスケッチしてはったの安野さんじゃなかったのかな???
 当時はお顔を存じなかったのですが、この間の日経の連載で写真を見たとき、何とな〜く見覚えがあるような‥‥‥‥。

 で、スケッチは「旅の絵本」のような細密描写ではなく、わりにざっくりしたスケッチでした。それでいて、ほのぼのとしたタッチは安野さんっぽいんですよね。

 うちのご近所のお山の結構細かいスケッチがあったので、それの絵はがきを買おう!と思ったのですが‥‥‥‥ありませんでした。
 高速道路から見た二上山の夕日もよかったんですが、あれも絵はがきにはなかった!!!
 この2つが入ってる方の画集も売り切れだったぁぁぁぁ!
 夫の実家付近は余りにも山なので、スケッチの場所にはなってませんでした。

 あと、「繪本平家物語」の原画も展示してまして、こっちは絹本に描かれてましてやはり、細かい!!
 浪の描写が模様のようで、きれいです。

 さすがに、「旅の絵本」の原画はありませんでした。‥‥残念。

 安野さんの展覧会は終了間際にも関わらず、人が入っていたんですが、万葉文化館全体としてはガラ〜ンとした感じでした。
 わたしやpupuさんの恩師(と呼ばせてもらっておこう)の絵も収蔵されているのですが、あれ、常設じゃないんだ‥‥。よく、広告に出てるから、いつでも見られると思ってた。
「万葉」と銘打ってるんだから、万葉集をテーマにした絵の何点かだけでも常設すればいいのに。スペースは余りまくってるんですから。
 下の怪しげな人形だらけの常設展は、正直、そそられませんでした。
 ‥‥‥これだから、無駄使いのハコモノとか言われるんだよ。

 ちなみに恩師の絵は人気が高いらしく、色々とグッズになってましたぜ、pupuちゃん。


 その後。
 2日経って、立ってられなくなる程に足が猛烈な筋肉痛に悩まされ、熱中症と生理痛でダウンしてしまいました。
 ‥‥‥‥アホです。

スポンサーサイト

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 00:53
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    恩師て、誰や。
    出会えて良かった先生は頼●像復元しはったあの先生と
    えこひいき先生と仲悪かった職人気質のあの先生だけや。

    チャドクガの毛、目に入ると大変らしいよ。
    • pupu
    • 2011/07/01 10:59 PM
    ★pupuさん
    >恩師て、誰や。
    (爆)
     本人のイメージと描く絵が余りにも違う‥‥あの方です。
     ああ、でも万葉文化館収蔵の現代作家の万葉絵には、学校の前のあの人も、当時怖いお姉さんだったあの人も谷も複数人名前を連ねております。
     入学の時に釣られた、在学中一度も影すら見なかった
    あのお方のもありまっせ。

    >頼●像復元しはったあの先生
     ああ、勿論あるぜい!
     今年のカレンダーの中にも入ってるわよ〜〜ん。

    >えこひいき先生と仲悪かった職人気質のあの先生
     どの人だろう?
     美人のあの彼女にストーカーしてた先生のは‥‥あったかな?(顔と行動は覚えてるけど、名前は忘れた。)

    >チャドクガの毛、目に入ると大変らしいよ。
     うちの次男は昔、顔がパンパンに腫れたのさ!
     指、痛痒かったわ。
    • ぐんまま
    • 2011/07/02 12:41 AM
    お久しぶりです。

    チャドクガの件、別の意味で最高のお話でした…。

    何故なら…実は私、お恥ずかしながらこの世で最も苦手とするものが芋虫・毛虫・カブトムシの幼虫なのです。

    毛虫は関東に住んでいた子供の頃、黒い毛虫が何故か道10m置き程に、塊になって大量発生している時期が毎年あり、芋虫は直視出来るのでまだいい方なのですがこれまた子供の頃、リンゴ園に行った時(これは北海道)緑色のイモムシがアスファルトの道に避けて歩かねばならない程大量に湧いていて、それがまたトラックに轢かれて地獄絵図になってるのを見たからで、以来蝶も触っていた位だったのに全くダメになってしまい、双方トラウマになっています。

    北海道では滅多にお目にかかることはないのですが、それでも見つけてしまうと2、3m手前から「ヒイィィィ!!!」となります。
    一度、自転車で「あっ、ヤバイ!!」と思った瞬間時すでに遅し、プチッと音を立てて、轢いてしまった時はそれまで友達と喋っていたのに、しばらく言葉が出なくなってしまいました。

    ぐんままさんの親指が一刻も早く治癒することを切に切に願っております…。

    お伝えするのが遅くなってしまいましたが、ガンダーラ2のイラストの時から文字化け直っております。立ち上がりもスムーズです。
    • cesca
    • 2011/07/02 12:58 AM
    ★cescaさん
     こんにちは〜。
     pupuちゃんちではお世話になっております。

    >芋虫・毛虫・カブトムシの幼虫
     実は‥‥私、芋虫とかカブトムシの幼虫とかかたつむりは、結構好きなのですよ。
     でも、毛虫は刺すからきら〜い。

    >黒い毛虫が塊になって大量発生している時期
     ああ、ありました。
     芋虫はあまり大量発生しない気がするのですが、毛虫は何故か大量発生するんですよね。

    >地獄絵図
     か‥‥かわいそうっっっ!
     うちの近所は何故かミミズの地獄絵図なんですよ。
     余りのミミズ地獄っぷりに、業者が落としたのか?と思いました。
     しばらく雨が降らなかったからなんでしょうか?土とアスファルトが隣接してる場所何カ所かで見ました。
     こんなにミミズが死ぬんだったら、犬万作りにでも利用すれば良かったのに‥‥とか、考えている自分がちょっと嫌です。

    >北海道
     Gがいない‥‥それだけでパラダイスに見えます。

    >親指
     ありがとうございます。
     もう、ほとんど治ってますよ。

    >文字化け直っております。立ち上がりもスムーズです。
     えがった、えがった。
     ブクログは画像の1個1個にリンクが張ってあるから、重いんでしょうねぇ。
    • ぐんまま
    • 2011/07/02 12:34 PM
    言おうか?
    中学の時、中庭で「高たか鬼」で遊んでた際、
    少し大きな石に上がって隣に生えてた木を「むんず!」と掴んだら、
    緑の毛虫がびっしりで手のひらが大変な事になったわ・・・

    あれ以来、見つけた毛虫は焼くわよ。
    • pupu
    • 2011/07/02 10:57 PM
    ★pupuさん
    >緑の毛虫
     イラガの幼虫ですな。
     それはそれは恐ろしい。

     しかし、何故毛虫って群れるのかしら?
    • ぐんまま
    • 2011/07/03 1:08 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM