ここんとこ読んだ本(2011年6月)

  • 2011.07.06 Wednesday
  • 12:28
 JUGEMテーマ:読書

 忙しい!
 子供が多いと、やっぱり学校行事が多いです。

・「往復書簡」湊かなえ 幻冬舎
 ある事件を手紙を通じて語り合い、その真相や心情に気付く物語。
「告白」より、さわやかな読後感です。
 手紙と言えど、やはり真実は語られない‥‥けど、見え隠れする心情が雄弁に真相を語っていたりします。

・「乙嫁語り」(3)森薫 エンターブレイン
 スミスさんと薄幸の乙嫁タラスの物語。
 いやぁ、もう、ラストが衝撃すぎるよ!!!
「そういう習俗だから、仕方ないよね。」
 という割り切り方が、何とも切ない。
 そして、パリヤさんが作者さんに愛されておりますね。

・「獣の奏者 外伝 刹那」上橋菜穂子 講談社
 えげつない描写はありませんが、大人の為の「エリン」です。
 エリンとイサルの同棲や結婚、エサル師の甘くも苦い思い出。
 ある程度の年齢を重ねた方の方が面白いかと思いますね。


 今度「薔薇の名前」を読んでみようかな?と思っておりますが、2冊一気は難しいかな?
 私、本読み出したら、家事がおろそかになってしまうからなぁ。

スポンサーサイト

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 12:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM