ここんとこ読んだ本(2011年8月)

  • 2011.09.11 Sunday
  • 23:21
 JUGEMテーマ:読書

 夏休み‥‥それはホンマに私から読書やお絵描きやお勉強の時間を奪う魔の期間でした。
 図書館で借りた本が、あんなにあんなにあんなに読めなかったなんて〜〜!

・「コミック怪」vol.15 角川書店
「狂骨」は登場人物が出揃った‥‥って感じですね。
 幼少白丘さんが可愛いです。
 うちの倅が「おじいちゃんと魔法の塔」にハマり、原作本を買って読んでおります。

・「狂骨の夢」(2)志水アキ 角川書店
 連載時にも言ってましたが、宇田川先生が格好良い!
 これは惚れる。

・「ぼのぼの」(35)いがらしみきお 竹書房
 35巻目にして、初のぼのの恋愛編。
 おまけに三角関係だ!!!!
 やってくれるぜ、いがらしみきおさん!!

・「風雲児たち〜幕末編」(19)みなもと太郎 リイド社
 安政の大獄の犠牲に、ついにあの男、吉田松陰が!?
 私は橋本左内の死のあたり、結構胸を締めつけられましたなぁ。

・「ONE PIECE」(63)尾田栄一郎 集英社
 巷であまり評判のよろしくない「魚人島編」ですが、まとめて読むとやっぱり面白いと思います。
 連載より、単行本でまとめて読んだ方が、何を伝えたいのかわかりやすいですよね。
 欲を言えば、話のテンポがやや早いのは、読者アンケートを気にしての方針なのかしら?
 魚人の未来を考えてはいるものの、手段と目的が微妙に異なるオトヒメとタイガーが哀し
すぐる!!
 ‥‥でもホーディに漂う小物感が‥‥‥‥。
 大口を叩く小物昆虫幹部はOKなのに、ドーピング○○○が許せないのは、やはりドーピングして、しかも○○○だからなのかしら?

・「薔薇の名前」(上)(下)ウンベルト・エーコ
 最初は読むのが結構しんどかったっす。
 時代背景を把握出来なかった時はチンプンカンプンだったけど、wikiで一通り調べてから読むと、かなり楽しく読めました!!
 ある修道院での連続殺人事件を調べる事になった修道士ウィリアムと弟子のアドソの物語なのですが、本筋よりもはるかに多い、時代背景についての話や、異端審問についての話、記号論の話が面白いのです。
 京極堂の「鉄鼠の檻」の元ネタはこれじゃないか?と、ちょっと思います。
 これを読む為に色々調べたので、今度これだけ別記事にしますね。


 ちなみに、今は「ラブリー・ボーン」を読んでおります。
 映画よりも色々と濃ゆいです。

スポンサーサイト

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 23:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    >夏休み
    本当に大変でしたね・・・お疲れ様でしたm(__)m

    >図書館で借りた本
    私は読書の行儀が悪くて、寝床の中に本を持ち込むので、図書館とか、お友達から借りるのは駄目です(^_^;
    以前、「本の中にオセンベの粉落とさないでよ!」と言われたのにはビックリ!!
    あまり人から借りる事は無いので、彼女からも初めて借りるはずでした。
    なんで?と聞いたら、
    私が、彼女に貸した本の間にオセンベの粉が入っていたそうで、借りる前にチェックが入ったのでした(^_^;
    • 怪傑おばさん頭巾
    • 2011/09/12 12:31 AM
    ラブリーボーン、やっぱり濃いのね・・・
    気分悪い感じかなぁ。
    • pupu
    • 2011/09/12 11:40 PM
    ★怪傑おばさん頭巾さん
    >読書の行儀 
     私は新聞や雑誌は飲み食いしながら読みますねぇ。
     本はソファに転がって読むんですが、保管場所が無くて、本棚の上に積んでるんですが、落下した時にページが曲がってしまった事があります。
     ‥‥‥‥すみません。

    ★pupuさん
    >ラブリーボーン
     えげつない描写はありません。
     淡々と描かれているのですが、映画ではピージャクがオブラートに包んでぼかしていた部分が、やはり事実として突きつけられますな。
     ああ、やっぱりあのシーンはそういう意味だったのか‥‥と言うような感じ。
     あと、映画ではスージーの見守り期間は1年位だったような描写でしたが、小説ではかなり長期間です。
     まぁ、気分悪〜、というのではありませんぜ。
    • ぐんまま
    • 2011/09/13 12:53 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM