「ホビット 思いがけない冒険」を観に行って来た!

  • 2013.01.24 Thursday
  • 22:58
 JUGEMテーマ:映画

 映画館に行くのも久しぶり〜〜!
 で、もうすぐ終わりそうなので、おチビくん達を幼稚園に送った後、レディスディで観に行って来ました。

 映画はご存知「ロード・オブ・ザ・リング」(以下「LotR」)の前日譚です。
 あの長い「LotR」を3部作にしたピーター・ジャクソン(以下PJ)監督が、児童書で2冊、原書で1冊を3部作にすると言うので、どういう風に付け足すのかな?と、気になっておりました。

 まず、凄く面白かったです!
 私的には120点ですね。
 いやぁ、もう1回と言わず、あと、何回も見たいですね。ディレクターズカット版のブルーレイ購入決定です。‥‥貯金しとこ。
 内容はほぼ原作通りですが、「LotR」がかなり駆け足で進行していたのに比べると、「ホビット」はじっくり描いておりますね。‥‥アクションなんてちょっと長いぐらい。
 で、原作にはなかった部分や、出なかった人々も登場しておりますが、「LotR」で描ききれなかった部分や「追補編」からの補遺になっているので、「LotR」ファンとしては結構嬉しいファンサービスです。
 物語の開始も「LotR」の物語の始まる直前だったりと、ここもファンサービス。
 ロケーションの場所やアングルも「LotR」のシーンのオマージュだったり、前作の音楽も結構使っていたり、懐かしさにちょっと涙。
 で、原作では十把一絡げっぽかったドワーフたちが結構個性的でした。
 次回作は1年後公開なのですが、今から待ちきれない気持ちです。

 以下、若干のネタバレを含むので、隠します。


 で、キャラクター。
 メインの登場人物がほぼヒゲのおっさんという、恐怖のヒゲおっさん映画です。
 おなごはガラドリエル様だけなんですが、あの人もレディの皮を被ったおっさんっぽいからなぁ‥‥。
 99.9%おっさんばかりだと思って間違いないです。

 主人公のビルボが、イアン・ホルムの老ビルボから違和感なくマーティン・フリーマンに変わり、いたって普通のホビットが巻き込まれる様をええ感じにやってくれております。
 最初のヘタレから後半のちょっと勇敢になってくる様は、ホンマによろしいです。

 ガンダルフは相変わらずのマッケラン様。
 相変わらず気は短く、乱暴な爺さんです。その変わりなさっぷりがいい!

 サルマンのクリストファー・リー様も健在で嬉しいです。
 今回はまだ白のサルマンですね。
 ‥‥何歳なんや、あの方?めっちゃ元気やん。
 エルロンドのヒューゴ・ウィービングも今回は鎧姿だったりして、アクティブになっておりました。
 
 で、今回のメイン、ドワーフたち。
 ほぼ主役だったトーリンさん。
 原作を読んだイメージでは頑固なじいさんだったんですが、イケメンのナイスミドル(でも私より若気)です。
 頑固で融通が利かないけど、人情に厚いダンディなんですが、それだけに第3作であーなってこーなるのかと思うと‥‥泣ける。
 頑固な主を支える温厚なバーリンは、ナイスミドルのイメージだったんですが、爺さんでした。でも、それがいい!
 バーリンもなぁ、「LotR」ではあんな事になってしまうんだ‥‥と、思うと、もうあかん!「モリア」と言う度に泣きそうでした。
 ドワーリンもスキンヘッドの頑固者って感じで、目を引きます。
 若い頃の髪型がモヒカンだったりと、結構パンク。

 トーリンの甥のフィーリとキーリは「LotR」で言う処のメリピピ・ポジションでした。
 戦闘シーンではキーリが弓を射ったりし、レゴラス・ポジションもかねておりました。
 この人たちは数少ない目の保養でして、特にキーリはめっちゃイケメン!
 非常に良く登場していたんですが、この人たちも3作目で‥‥‥‥‥。

 あとはオーリがパチンコ使っているのも結構印象に残ってますね。
 ちょこちょこと何か書いてるのも、「LotR」のモリアでの伏線なんだろうなぁ‥‥涙。
 ボフールの愛嬌ある笑顔とビルボに対する気遣いとか、そういうのもいいですね。
 で、ビフール。
 ‥‥頭に何か刺さってるような気がする‥‥と、思っていたら、本当に斧が刺さったキャラでした。すげえ。

 細かい所とか、チェックしきれなかったので、チェックしたいです。 

スポンサーサイト

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 22:58
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    >「ロード・オブ・ザ・リング」
    懐かしい!!
    あの頃はけっこう嵌って、ちゃんと10巻まで読んだのに、もう殆ど忘れてます(^_^;

    >前日譚です。
    その頃、詳しい方に聞いたら、そのまた大昔若い頃に読ん絵本?が、どうやら「ホビットの冒険」という「LotR」のプレ話だったらしい、という偶然にもビックリしました!!
    何しろ、絵本か挿絵か、最後の気球に乗って飛んでく絵しか憶えてないのですょ〜(^_^;

    そういえば、オーランド・ブルームがブレークしたのも、この「LotR」のレゴラスからですよね・・・懐かしいです(^^ゞ

    • 怪傑おばさん頭巾
    • 2013/01/30 12:32 AM
    ★怪傑おばさん頭巾さん
    >「ロード・オブ・ザ・リング」
     私も結構忘れていたので、帰宅後チェックしまくりました。
    「茶のラダガスト」なんて、どこで出たっけ?‥‥と、思っていたら、オルサンクでのサルマンとガンダルフの会話に登場してるんですねぇ‥‥細かいなぁ、PJ!
    「白の会議」もこの辺の会話にあったんですが、「ホビット」の原作にはなかったものの、映画ではしっかり開催されておりました。

    >オーランド・ブルーム
     レゴラス役で第2作から登場するようです。
     オーリーがバッキンガム公をやった「三銃士」(ミラジョボがミレディだったやつ)でアラミスの役だった人がバルド役で登場するそうです。

     いやぁ、この映画はホンマに面白かったですよ。
    • ぐんまま
    • 2013/01/30 9:24 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM