承天閣美術館円山応挙展

  • 2013.12.06 Friday
  • 00:50
JUGEMテーマ:展覧会

 twitterの近藤ようこさんのツイートで、承天閣美術館での応挙展があるのを知り、pupuちゃんを誘って行ってきました。

 応挙と言うと、幽霊の絵の人〜〜!と、言われますが、日本画壇的には丸山四条派の祖だとか、写生をしっかりした細密な日本画を描く画人と言う感じですね。
 私らの学校にも応挙の写生の複製があったりしました。

 今回の目玉は「七難七福図巻」です。
 前半は弟子の蘆雪の「白象唐子図屏風」「獅子図屏風」、呉春の「竹図屏風」、応挙の「牡丹孔雀図」「雪中山水図」など大きめの絵が展示してありました。
「白象唐子図屏風」はユーモラスな感じ、「獅子図屏風」は勢いのある絵でした。「竹図屏風」は墨一色なのに、濃淡で遠近や竹の質感が表してあってう〜ん、呉春!という感じ(どんなんや?)でした。
「牡丹孔雀図」はもう、超細密!!これは絶対に写生したんだなぁ‥‥と分かる程、孔雀の顔や全身の骨格を考えた動き、羽根の並びや色、尾羽の構造配置までびしっっっと描けております。‥‥ただ、孔雀のメスはもそっと地味な色なので、応挙は雄しか見られなかったのかな?と、一人邪推しておりました。
「雪中山水図」は細い岩橋を渡る人たちを下方の家のまどから見上げている絵です。
 結構興味深かったのが「真筆画伝」で、絵の書き方が描いてあるノートみたいなのですね。素材による着物の質感の違いの書き方、風景画のコツみたいなのがありまして、‥‥ちょっと‥‥かなり欲しいなぁと、うっとりしておりました。
「京都堀川夜景浮世絵」というのがおもしろく、行灯や明かりの部分を薄い白色の紙にしてありまして、裏から照らすとその部分から明かりが漏れる趣向になっております。よく見ると、夜空にも細かく針で突いて開けたような穴がいっぱい開いてまして、幽かに光が漏れております。

 で、後半。
 いよいよ「七難七福図巻」です。
 地獄絵図で因果応報を解くのではなく、実際の災厄で因果応報を解いた絵巻です。
 三巻から出来てまして、人災、天災、福寿に別れています。
 まず、画稿や下絵がありまして、人物を書き足していたり、腕のポーズを変えたり、アイテムを足したり、表情を変えたりなど、色々と苦心の跡が伺えました。
 あと、どういう災害にしようか、どういう災難にしようか、悩んだ様子が興味深かったです。
 で、本番。
 これ、展示の順序を変えた方がよかったのでは?福寿→人災→天災の順に並んでいたのですが、最後に福寿を持って来て欲しかったなぁ‥‥。
「福寿」公家の家での花見の宴。支度をする下人や、慌ただしい台所の様子。包丁式を行う家人、食材を並べる人々。門前の花の下で大あくびをしている付き人。奥方の還暦祝いの様子。豊作の年貢を納める様子。など、平和な日々が描かれています。
「人災」大店に押し込み強盗が入り、身ぐるみ剥がされる奉公人、暴行される女性、殺される主、腹を割かれた妊婦、金の在処を教えろと、子供を井戸に投げ込もうと脅迫する男など、いきなりえげつない場面が展開します。次が追いはぎで、身ぐるみ剥がされて泣く女性、ぐるぐるにしばられた人々、谷へ突き落とされる男などが描かれています。で、心中‥‥気の毒そうな表情を浮かべつつも、女性の方の着物を剥がす役人。一家心中で首をくくった母親と、これから死のうとする兄弟の姿。拷問の水責め、獄門と打ち首、磔、火焙り、鋸引き、牛裂き‥‥って、これ、役人の表情が色々とリアルすぎて、応挙実際に処刑場でデッサンしていたのではないか?疑惑。磔の槍で刺し殺す下人が目を反らしているとか、鋸引きしてる男が済まなそうに俯いてるとか、妙に生々しいです。
「天災」まず、地震。倒れる農家と地面に伏せる人々。川の氾濫で溺れる人々や子供が流された父親、所々に土左衛門。火事は消火しようとする人々と、逃げ惑う人々、裸で逃げている人や、家財道具を抱えて逃げている人、炎の中に取り残されている人々。台風、津波の惨状‥‥この辺は今も昔も被害が変わりません。雷や雹。鷲に攫われる子供。狼に襲われる旅人。大蛇に襲われる人々。
 応挙の細密な筆致で、かなりリアルに、自分らも知っている辛さが描かれているので、地獄絵や九相図より来るものがあります。

 ちなみに12/15までの公開で、16からは展示が入れ替わるようです。
 承天閣美術館

スポンサーサイト

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 00:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    図録を買うべきだったかな?と思ったり、
    なんとなく不吉な感じがして、やめといて良かったと思ったり。
    それくらい見事な描写でした。(´・ω・`)ドヨーン
    • pupu
    • 2013/12/08 9:20 PM
    ★pupuさん
    >図録
     あははは、買っちまったよ。
     七難七福図巻のハガキかなんか無いかな?と、探していたんだけど、なかったので‥‥つい。
     帰って、子供に見せておりました。
     実物大で掲載されておりますぜ。
     密林で、応挙の写生の本ってないのかチェックしたら、中古がエラい価格になっておりました。

     余談ですが、うちには「人体の不思議展」の図録もありまっせ。
    • ぐんまま
    • 2013/12/08 11:31 PM
    なんといつの間に!Σ( ̄□ ̄;)
    食い入るように見てるなぁとは
    思っていたけど(笑)
    子供・・・トラウマにならんか?
    • pupu
    • 2013/12/08 11:51 PM
    ★pupuさん
    >なんといつの間に!Σ( ̄□ ̄;)
     結構なお値段なので、めっちゃ迷いましたよ!!
     十牛図の20枚ポスカセットにも揺れたんだけどなぁ。
     あ、うちの坊主は「進撃の巨人」やら「ジョジョ」やら「寄生獣」読んでるから大丈夫です。
     でも「Game of Thrones」は目を反らしてました。
    • ぐんまま
    • 2013/12/09 12:00 AM
    先日読み逃げした時、羨ましい!度100パーセントでした!

    >図録
    >結構なお値段なので
    この記事を拝見して、私も欲しい!と思いましたが、お値段ねぇ・・・と、しばし思案(^_^;
    思文閣が扱う図録は、一寸紙が落ちるけど安いんですよね・・・あのほうがありがたい(^^ゞ
    関西は行けないので、けっこう通販でおくってもらうこともあるのですが考えちゃう(^_^;

    それにしても、ナマで見るのは全然違うもの!!
    羨ましいです(*^^*)
    • 怪傑おばさん頭巾
    • 2013/12/13 6:22 PM
    ★怪傑おばさん頭巾さん
     遅レスすみませぬ!!

    >図録
     価格は2500円でした‥‥多分。
     2800円だったかな?
    「七難七福図」が原寸大で全て掲載されております。
     印刷もいいです。

     県内だったら、それこそ
    「買って来てお送りしましょか?」
     と申し上げる事も出来るのですが、さすがに京都は‥‥ちょっと遠いです。すみませぬ〜〜!
     数年前までは、ジャンボ君が近くに勤務していたので、ちょっと無理を言う事も出来なくもなかったかもしれませんが、勤務地も変わってしまったので。

    >通販
     う〜ん、出来るんでしょうか?出来たらいいですね。
     一応、日経が後援でした。

    >ナマで見るのは全然違うもの!!
     それはヤやっぱり迫力が違うなぁ‥‥と、思いましたね。スゴかった!!

    「七難七福図巻」は明日までの公開ですね。
     来週からは障壁画中心になるそうです。
     私らが行った時にはなかった、大きな襖絵や犬の絵が出るようです。
    • ぐんまま
    • 2013/12/15 12:58 AM
    連続書き込みですみませんm( )m
    丁寧なレスありがとうございました(^^)
    実は、テレビ東京(ってローカルかな?)で、「美の巨人」という番組がありまして、今週が「円山応挙」だったのです。
    なので、てっきり、↑ぐんままさんたちがご覧になったのだと思っていたら、東京の三井記念美術館で展観しているものでした。
    応挙唯一の国宝指定という「雪松図屏風」というのです。
    これ見て諦めるか、と思っていたので、ガッカリでしたが、まあ応挙唯一の国宝指定というのもビックリだったのでした。
    なので、巧く時間が調節できたら、本当にここで諦めるか、ということにしました(^^ゞ

    >価格は2500円でした
    やっぱり、それくらいするんですよねぇ!!
    日経なら、サントリー辺りに来るかもしれません。気をつけておきます。
    いつかの二の舞にならぬように気をつけておきます(^_^;
    ・・・美術館のメルマガ取りすぎで、注意が散漫になってます(^_^;
    • 怪傑おばさん頭巾
    • 2013/12/15 5:28 PM
    ★怪傑おばさん頭巾さん

    >「美の巨人」
     こっちでもどっかのチャンネルでやっていた気がします。‥‥とりあえず、BSジャパンでも見られるようですね。

    >応挙唯一の国宝指定という「雪松図屏風」
     ええええ?応挙って国宝これ1つなんですね〜〜!?
     意外です。知らなかった!!
    「七難七福図巻」は重要文化財でした。

     今回のは承天閣美術館開館30周年記念の展覧会だそうで、相国寺派(相国寺・金閣・銀閣)所蔵の美術品を中心に展示されてるようです。
    http://www.shokoku-ji.jp/j_nyukan.html
    • ぐんまま
    • 2013/12/16 12:36 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Twitter

    お天気

    氷と炎の歌

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM