第1回 キトラ古墳壁画公開

  • 2016.10.13 Thursday
  • 00:55

JUGEMテーマ:展覧会

 

 ASK村の南側で、何やら大掛かりな工事をしているなぁ‥‥と思っていたら、キトラ古墳周辺が整備されていた模様。

 夫のジャンボ君が

「文化庁で壁画公開の応募やってるから、申し込んどいて〜」

 と、言うので、ついでに自分の分も申込し、9月中公開の高松塚の壁画の方も申込んでおきました。

 結果、ジャンボ君→キトラ&高松塚 9/24

    私→キトラ 10/8

 と、なったので、pupuちゃんをお誘いして、行く事になりました。

 

 事前に高松塚の方は見ていたので、私目線はキトラとの比較になります。

 

 とにかく、綺麗に修復されていました!

 もろい(酒粕並みだそうです)漆喰を綺麗にはがし(実録ムービーもありました)1400年前の筆致が分かる位です。

 白虎は発掘時にも飛鳥資料館で見た憶えがあるのですが、その時よりきれいになってるなぁ‥‥と、思いました。

 今回は天井画の天文図と、朱雀も公開されておりました。

 天文図の金がキレイに残っていて、北斗七星が分かる位だったので、ちょっと感動でした。

 ちょっとだけ、角度をつけて展示されているので、画像がよく見えました。

 

 余談ですが、キトラと高松塚の四神の壁画のタッチはよく似ているのですが、何故か白虎の向きは逆なのです。

 

 高松塚の壁画は水平展示で、双眼鏡を貸してくれるのですが、とにかく、見えにくかったのですよ。

 あと、劣化は高松塚の方がひどいかなぁ‥‥という感じ。

 昔、高松塚発掘当時の東壁美人群像の写真パネルを父が飾っていたので、記憶に残っていたのですが、それより顔が分かりにくくなっていまして、一度開けて外気に触れると、絵画はここまで劣化するのかぁ‥‥と、悲しくなりました。

 ムカデなんかが入って来て、それが死んで腐敗した事による食物連鎖で、石室内にカビが発生したそうです。

 ただ、男子群像の衣服のタッチが結構太い線で表現されているのに対し、女子群像の方は繊細なタッチで描かれているのはわかりました。

 やはり人物があれだけ極彩色で描かれていると、ゴージャス感はハンパないですね。

 

 当日の裏話は見たい方のみ‥‥

続きを読む >>

近況

  • 2016.09.29 Thursday
  • 00:24

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 夏休み期間、週末はほぼ剣道の試合‥‥という生活でしたが、今年は今イチな結果でした。

 橿原市内の大会で、五男れーじが3位でしたが、準々決勝が同じ道場のかな君で、かなりいい試合だったのに、準決勝がなんだかなぁ‥‥と言う内容で、私的には不満でした。

 8月の昇段審査で三男が念願の二段合格、中学に剣道部がなくて小学生の中で三男と一緒に練習していた中1のてっちゃんも、5月に形をうっかり間違えたけーたも初段合格、中2で二段初チャレンジのしょ〜くん、中3で前回学科で落ちたOB二人も二段合格でした。

 9月は試合がないのですが、四男五男がS道場さんの合宿に参加させてもらったり、10月の剣道の連戦のメンバーを選考するのが大変だったり、剣道の月当番だったりでそれなりに忙しく過ごしておりました。

 

 あと、99歳の祖母が思わしくないので、四男なゆとお見舞いに行って来ました。

 その日は顔色も良く、なゆに

「来てくれてありがとうな」

 と、話しかけておりました。

夏休み終了

  • 2016.09.05 Monday
  • 23:48

JUGEMテーマ:つぶやき。


花盛り

 今年も長い夏休みが終了しました。

 私が平日はほぼフルに近い時間働いている為、子供らは自分で昼食を作っていたようです。

 6年のなゆは(お小遣い目的ではありますが)かなり家事の手伝いをしてくれて、洗濯物を取り込んだり、米を研いで炊飯したり、食洗機の食器を片付けたりと、色々出来るようになりました。

 

 ‥‥おかげで、宿題が進まなかったそうです。

 

 

 

ツインテール 胡蝶蘭は見事に花を咲かせてくれました。

 もう1個の花芽も開花し、現在、ツインテール状態です。

 花の水やりも、結構手伝ってもらいました。

 水やりは概ね私がやっていたんですが、帰宅が遅くなったのに炎天下が続いた時などは弟〜ズが気を利かしてやってくれていたようです。

 兄〜ズに頼むと朝寝坊で昼過ぎまで水をやってくれないのです。

 アジサイの植木鉢が何故か増えております。
 

 

夏休みの工作兼用 夏休みの工作の宿題。

 地元で「光の回廊」というイベントがあったので、それに合わせて行灯を作りました。

 行灯自体の材料費は安かったのですが、糸ノコを買ったり、釘穴を開ける為のドリルを買ったりして結構散財しました。

 私の性格がかなり大雑把な為、パーツのサイズが最後、ちょっと合わなかったりしましたが、上手く誤魔化しております。

 

 夜にLEDの100均のライトを入れて玄関先においてみたのですが、光が弱くて余り映えなかったので、ろうそくを入れたらいい感じになりました。

 絵はなゆぽん、字は油性ペンで(筆ペンが見つからなかったので)私が書きました。この反対側の面には、私が前の職場でデザインした萩とトンボのはんこを散らして捺してあります。
 

 

 

睡眠リズム検診

  • 2016.08.22 Monday
  • 23:55

JUGEMテーマ:検診

 

睡眠の機械 昨年、乳がん検診を受けた時に

「睡眠リズム検診という検診をやります。普通に受診すれば結構な費用になるのですが、医大の臨床検査に使うので無料なのですが、どうですか?」

(正確ではないと思いますが、大体こんな感じ)

 と、誘われて、無料という言葉に釣られたのと、ここんとこ夕昄後疲れてその辺で倒れ込んで寝てしまって、変な時間に目を覚まして風呂に入ってまた寝る‥‥という、非常に不規則な睡眠の取り方をしていたのが気になっていたので、喜んで受診する事にしました。

 

 しか〜し、予約していた頃、職場のシフトが変わりまして、受診を忘れてしまったりしてしまったのでした。
 

血圧計 それでも、日程を取り直したりして、やっと検診にこぎつけました。

 検診は毎週月曜なのですが、普段、平日月曜は忙しくて休めないのですが、その日は祝日だったので、無理矢理入れて頂きました。

 で、当日、朝食は抜いてきて下さい‥‥と、書かれていたのに、ばっちり忘れてがっつり食べてしまったバカな私。

 おまけにその日に限って、チョコクリームを食パンにべったりとつけました。

 普段はチーズかバタートーストなのに〜〜!

 

 後日、血糖値が高いと結果が出ましたが、全然空腹時ではなかったので、多分、普通位だと思います。
 

居間用照度計 さて、検診では通常のメタボ検診も診てくれますが、メインは「睡眠リズム検診」なので、専用の器具を渡されます。

 利き腕の反対の手首と、腰の上にオレンジのアクチグラフと言う睡眠の計測の機械をつけ、利き腕にBproこと血圧計をつけます。

 あと、腹と首筋にボタン電池サイズの血流だか脈だかを記録する機械を貼りつけます。

 血圧関係は開始から24時間計測なので利き腕側。アクチグラフは1週間なので、利き腕と反対側なのですが、私、結構両方使うので、後日、あちこちにアクチグラフをぶつけてしまいました。壊れてたら申し訳ないなぁ‥‥と思ったものでした。

 

 それ以外に自分が主に生活する部屋(居間)に設置する照度計、寝室専用の照度計を渡されました。

 居間用のは何故か縦長だったので、子供が

「マイクみたいや〜〜」

 と、触りに来るので、困りました。

 更に初日の昼食から翌日の朝食まで、口にした物全部の食前、食後の写真を撮らなくてはいけませんでした。‥‥これは、結構面倒でして、つまみ食いのトッポの写真まで撮りましたよ〜〜!

 その他に、睡眠時の呼吸を計測する機械をつけなあかんとか、色々と面倒くさいものがありました。
 

寝室用照度計 初日の苦労は何といっても「血圧計がうるさい」でした。

 15分に1回計測するので、しょっちゅうピピピピピと鳴っておりました。

 仕事をしたり、家事をしていると、上手く測定出来ず、ピーピーピーとエラー音が鳴るわけですよ〜〜〜!

 れーじが夕方

「お母さん、それ、うるさい!」

 と、文句を垂れておりました。

 

 そんな計測生活でしたが、相変わらず居間でダウンして、深夜(日によっては明け方)起きて風呂生活を送っていましたが、起きてる時間が長いので、案外普通の検診結果でした。

 しかし、有効睡眠時間の基準値が300分以上なのに、1週間で300分以上あったのが1日とか、5日は200分切れてるとか、やはり睡眠時間は少なめでした‥‥‥そりゃ、毎日眠いですよねぇ、私。
 

咲いた!

  • 2016.08.14 Sunday
  • 21:41

JUGEMテーマ:園芸

 

花芽 久々の更新でございます。

 

 官舎から仮住まいに引っ越した時に、うちの男共のうっかりの所為でボロボロになった私の胡蝶蘭ですが、その後も葉っぱを1枚残して全部枯れるとか、何度となく絶望的な状況に陥っておりました。

 もう何度あかんと思った事か‥‥。

 

 ある日、へんな根っこみたいなのが伸びて来ていました。

 蘭の根っこはわりに太いはずなのに、ひょろっと長く、そのくせ固い根なのですね。

「何やこれ??」

 と、思っていたら、先にぷくっとしたものがつき始めたのです。

「もしや、花芽?!」

 調べてみると、やはり花芽でした。

 順化してから3年近く経っております。
 

膨らんで来たつぼみ 花芽は順調に育ち、先っちょのぷっくりもつぼみっぽくなって来ました。

 

 うちの職場の副ボス(次男の同級生の母)は

「え〜、うちのは葉っぱしか出ないよ〜〜!」

 と、嘆いておりましたが、とにかく、根気強く世話をすれば花芽が出る事は立証されました!!やっほ〜〜!

 

 外に出すと負けるので、室内で育て、気温が上がってから時々外気を当て、水は表面が乾燥してから‥‥と、ちょっと気を使って育てたので、通称「お嬢」と呼んでおります。
 

咲いた! 花にピントがあっておりませんが、「お嬢」ついに開花です!!

 それと、もう1本花芽が出ました。

 

 次男は

「花芽が出るとそっちに栄養が行くから、切ってしまったら?」

 と、言いますが、無視!
 後日、またアップしますが、現在5〜6輪位花が咲いております。
 苦節3年、よくがんばった!!!

ランドセル狂想曲

  • 2016.07.22 Friday
  • 01:33

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 私の職場の向かい側に、ちょっと有名な鞄工房がありまして、そちらのお客様が私の職場にも足を運んで下さる‥‥と、いううちの社長的にはほくほくな事情があります。

 

 そこの目玉商品はランドセルなのですが、GW頃に2017年モデルの展示を開始し、5月半ばにカタログの送付を始め、6月20日から販売を開始するという告知をHPでされていました。

 昨年、ショールームを新築して、展示販売を開始した時は付近の道路が大渋滞し、それはそれはスゴい事になっていたので、今年はマイクロバスを手配されたり、駐車場を作られたり、ネット販売を勧められたりと、それはそれは下準備をされていたんですね。

 

 昨年は1ヶ月半程でランドセルを完売されたのですが、その間、うちの直売所もかなり忙しく、私はず〜っと休日出勤だったのですね。

 で、今年、GW開けにうちの土日勤務の子が辞めてしまって、新人さんを入れたばかりだったので、私はまたもや日曜勤務になっていたのです。

 で、社長に

「鞄工房さん、20日販売開始だそうですから、絶対大変ですよ。」
 と、言ったのですが、暢気な社長は
「平日やもん、そないに混まへんって!!」
 などと楽観的なんですね。
 で、6月20日。
 平日シフトの私とKさんは熱中症寸前(お茶を飲む間もなかったので)まで接客販売しました。
 途中でKさんが
「ぐんままさん!!今お茶飲まないと倒れるよ!!」
 と、お茶を入れて下さいました。もうフラフラでした。
 誰や?平日やから混まへんって!‥‥って、言ってたのは?!
 さらに朝から弟んち(甥が来年小学校入学)から
「姉さん〜〜鞄工房にネットが繋がらないんです〜〜アセアセ
 と、電話がありましたが、とてもではないけど、店から離れられません。
 結局、夕方5時に鞄工房さんに行きましたが、整理券受け取るまでに1時間待ち‥‥。
 ディズニーランドか?!
 一緒に並んでいた、お父さんお母さん方としゃべっていたのですが
「嫁に『子供幼稚園に迎えに行って、そのまま鞄工房に走って!』って言われて、訳も分からず来ました。」
「朝からネット販売に挑戦していたけど、繋がったと思ったら『完売』って出てるから、ここまで来ました。」
 と、話してはりました。おそろしい‥‥‥。
 整理券受け取ったら順番に注文するのですが、2〜3時間待ち。
 一遍家に帰って、夕飯作りました。
 結局、手続き全部終わったのは10時近かったと思います。
 翌日も早朝から鞄工房さんは長蛇の列でした。
 うちも、待ち時間を持て余すお客さんでいっぱいでした。
 Kさんと
「明日もこんなんやったら、私ら倒れますよね〜〜」
 と、話していたら翌日は鞄工房さんの定休日でした!!
 めっちゃ事務仕事が捗りました。
 その後、余りの混雑ぶりに、鞄工房さんはお店を臨時休業されておりまして、私達は平穏を取り戻したのですが、反動のようにお客さんが来なくなって、(まぁ、大雨の日が続いたと言うのもあるからですが)新人さんにゆっくりと仕事を教える事は出来たのですが、うちの社長はがっかりしてました。
 人気がありすぎるのも大変だなぁ‥‥と、しみじみ思ったのでした。

明日香の景色

  • 2016.06.30 Thursday
  • 23:08
JUGEMテーマ:読書

 

 折口の『死者の書』は好きな小説ですが、色々疑問に思う点があります。

 その第一が、平城京の東城・右京三條第七坊から二上山って見えるのだろうか?と言う事です。

 私、幼少時は奈良の北の方に住んでいたのですが、西側には生駒山が見えて、まぁいいとこ信貴山位までしか見えないのではないかと思うのですね。

 ほかの風景描写は結構実際と変わらないのですが、そこだけがちょっと疑問です。

 

歌碑 さて、私の職場の近くに「みずし観音」と通称される妙法寺があります。

 観光案内に載っている割に、どんな所なのか知らなかったので、買い物の通りすがりに寄って見ました。

 

 ここ、今は小さなお寺ですが昔は大きな伽藍だったそうで、吉備真備が唐より無事戻った御礼で創建されたそうです。一願成就の観音様だそうです。

 私が行った時には観音堂(?)の扉は閉じられていて、人気もありませんでした。

 ここって開帳される時ってあるのでしょうかねぇ?

 

 そのお寺の横に万葉歌碑がありまして、それが大津皇子のあの有名な

 

「ももづたふ磐余の池に鳴く鴨を

    今日のみ見てや雲隠りなむ」

 

 なのですね。ここは磐余の池の伝承地なのだそうです。

 

磐余 ‥‥と、言いましても「磐余の池」の跡はここだけではないんですよね〜〜。

 磐余の池は万葉時代の悲劇の舞台なので、双方譲らないようです。

 

 まぁ、西北西に二上山を臨む景色、現地の何とも言えない寂しい風景は、雰囲気にぴったりなのです。

 

 明日香に住んでいると、教科書で目にする名前が結構あちこちにぽろっと出て来るのが面白いですね。

脱!赤い指

  • 2016.06.19 Sunday
  • 03:13
JUGEMテーマ:園芸
 

 

以前、私と言うものは、育てようとする植物をことごとく枯れさせてしまう「赤い指」(「緑の指」の逆ですね)の持ち主と言われて来ましたが‥‥‥‥‥。

 

春蘭 汚名返上させていただきましょう!
 昨年、購入したものの、ついていた花芽をことごとく枯れさせて
「私って、やっぱり『赤い指』の持ち主なんや‥‥。」
 と、絶望させた春蘭が、今年は見事に花を咲かせました!!
 この時は3輪咲いていますが、この後も1輪咲きました。
 非常に好みの色合いなので、色々と嬉しいです。
 来年以降もがんばれ!!


 
1輪目の野花菖蒲 名誉挽回の花!
 もう、「緑の指」を自称してもいいかも?!
 苗が貧弱だったので、380円位で買った野花菖蒲です。
 こっちは2回花が咲きました。
 本当に貧弱な苗だったので、花芽がついたのを見つけた時はびっくりしました。今年は咲かないだろうなぁ‥‥と、諦めていたので。
 もう1鉢「鸞鳳」という青みの強い紫の菖蒲も買ったのですが、こっちは苗が弱すぎたのか、花芽がつきませんでした。
 ただ、そっちの方も新芽が出て来ているので、来年以降は期待大ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 


2輪目の野花菖蒲 こっちが2輪目の野花菖蒲です。

 写真では色が薄くなっていますが、実物は1輪目とあまり変わりません。
 あと、昨年苗を買ったものの、花がつかなかったフジバカマも順調に育っています。
 サギソウも芽を出しているので、花が咲いてくれたらいいなぁと、思っております。
 ついでに、倅の学校の火曜市で買ったラベンダーやミントは、凄まじい勢いで育っております。

 
 ‥‥このブログ、
「画像の設定が楽になりました。」
 と、お知らせが来てましたが、死ぬ程使い難くなったと思うのは、私だけなのでしょうか?
 十回以上、プレビューして、やり直したんですが。
 ついでにHTMLを触って修正したのに、それが反映されないどころか、変に修正されて出て来るので、二度手間三度手間で、泣きそうでしたよ!!!

特別展 信貴山縁起絵巻

  • 2016.05.22 Sunday
  • 23:50
JUGEMテーマ:展覧会

 奈良国立博物館の特別展「信貴山縁起絵巻」を見に行って来ました。
 今回は何といっても「全3巻全場面を全期間公開」という、奈良国立博物館&信貴山太っ腹!!‥‥という、地元ならではの企画です。巡回なしなので、ホンマに奈良に住んでてよかった!!!!と、久々に思いました。

 さて、今日は予定があったのですが、最終日なのでこっちを優先しました。
 で、まず感想。

 めちゃ、よかった〜〜!

 ここんとこ行った展覧会の中で一番良かったと言えます。
 やはり、作品を見てこその展覧会ですよね。
 見る為に並んだ、でも見る時は追われるように進まされるのは、やはりちょっとなぁ‥‥と、思いますね。

 色々展示物もあったのですが、メインは「信貴山縁起絵巻」なので、そっちの感想を。
 博物館前に列がなかったので安心していたら、中に入って絵巻まで50分待ちでした。‥‥まぁ、実質35〜40分位だったと思います。
 絵巻前にロープが張ってまして、ロープの内側から(かぶりつきで)見るなら並ぶ、外側から(遠目)でいいならサクサク進んで〜〜!でも途中からロープの中には入れませんよ!という仕様になってまして‥‥並びました。
 偶々横に並んでいたご婦人と話が合ったので、色々話していたら、結構すぐだったなぁ‥‥という感じでした。
 その方とは3巻一緒に拝見しました。お陰様で楽しかったです。
 ‥‥お名前位聞いておけばよかった‥‥‥。

・「山崎長者の巻」
 昔は「飛倉の巻」と言ってましたねぇ。本物を見るのは初めてでした。
 とにかく、人物が非常に生き生きと描かれているんですね。動き出した倉に驚く人々や、長者に付いて倉を追う従者が手鼻をかんでいたり、わらじを結んでいたり、ちょっとふざけていたり‥‥こういう、コマの端っこのモブの行動は、現在と余り変わらない感覚だなぁと思いました。
 鉢を飛ばして托鉢する命蓮という上人がいるんですね。横着何だか超能力なんだか分からないのですが、その飛んで来た鉢を山崎長者がぞんざいに扱っていたら、鉢が閉じ込められていた倉から飛び出し、倉を持ち上げて飛んでいってしまうわけです。
 長者は従者と倉を追って行くと(この辺の山水画が結構細かでキレイです。)倉は信貴山の命蓮の廬に到着します。
 この命蓮の廬‥‥というか、堂というかは断崖に建っていて、どの巻でも同じ視点から描かれておりまして、物語の転換部分に相当します。京極堂での蘊蓄シーンというか、ホームズで言う処の事件を依頼を受けて現場を見た後のベーカー街221Bというか、あんな感じです。
 命蓮は倉は置いておいて米だけ返そうと、長者と話し合います。米俵の一つを鉢に載せてもらうと、それを先頭に米俵が列を作って空を飛んで長者の館に戻ります。列を作って飛ぶ俵が何とも言えず‥‥‥‥シュール。
 どうでもいいかもしれませんが、何で倉を残して米だけ返すのでしょうか?日本の経済の基準が、米の取れ高とか所有数だったからなのでしょうか?ちょっとした疑問でした。

・延喜加持の巻
 これも実物見るのは初めてでした。
 延喜の帝(醍醐天皇)の病を治して欲しいと、都から勅使が使わされます。
 で、庶民は相変わらずのユーモラスな表情ですが(牛車の仕丁らが首や腕を掻いて待ってたり、勅使を見る人々が嬉しそうに話し合ってたりと細かい仕草が楽しい)勅使は引目かぎ鼻表現です。
 勅使は命蓮の廬で都に来て欲しいと依頼しますが、命蓮は信貴山から剣の護法童子を使わすと約束します。
 重苦しい御所にある夜、護法がやって来て帝の病を治します。
 このシーンの御所に立つ護法の静と、信貴山から車輪を回して飛んで来た護法の動の対比が格好いいです。このシーンだけ左から右に見る仕様ですね。
 護法童子は中国で言う処の哪吒なのかなぁ?と、思って見ておりました。
 前半の深刻な勅使と、帝の病平癒後の晴れ晴れとした勅使の差がいいですね。

・尼公の巻
 これは見たことがあります!!
 日本画の授業で異時同図法の見本として、絶対に出て来る作品でもありますね。
 命蓮の姉の尼公が信濃から大和へ旅して、命蓮と再開する物語です。
 有名なのが、大仏殿で尼公がうたた寝し、祈り、立ち去る姿を同時に描いたシーンです。
 前半、人々と関わりながら命蓮を探す尼公の周囲の庶民の生活の姿が生き生きとしていて、大仏殿の後、一人寂しく命蓮を探す尼公の姿と対照的です。
 そして、命蓮の廬。前2巻では飄々とした表情で長者なり勅使なりを迎えていた命蓮が、非常に驚いた顔で尼公を迎えるのが、ちょっと変化球です。
 二人が仲良く生活してハッピーエンド‥‥と思いきや、最後にちょっとしたオチがついております。
 ‥‥この辺のユーモアのセンスが、本当に今に通じるなぁと、感じました。

 で、最近の複製模写や、冷泉為恭の模写がありました。冷泉為恭‥‥筆致がきれいですね〜〜〜!
 他にも辟邪絵や粉河寺縁起絵巻もどば〜〜っと開いてくれていました。

 改めて、絵巻はストーリーを追うものなのだなぁと感じました。

小手を修復してみました

  • 2016.05.16 Monday
  • 01:20
JUGEMテーマ:剣道

穴あき 前回、小手を洗って乾かしましたが、ご覧の通りに拇指の付け根に大きな穴があいております。
 さすがにこのまま返却するのも申し訳ないので、家にあった鹿革を使って修復する事にしました。

 太くて短い針を使って、穴の上から当て皮して、周りを縫っていきます。
 しかし、皮って、固いですよね〜〜!
 一針一針、刺して引き抜き、刺して引き抜きを繰り返すので、雑巾を縫う程サクサク進みません。
 しかも付け根の部分が微妙にカーブしているので、針を刺し難い!!
 外科用の縫い針が欲しい〜〜!と、ブツブツ言いながらやってました。

塞いだ 指に針を刺して、
「ぐは〜〜!」
 と、叫んだりしつつ、何とか仕上がりました!!
 元の皮と修復に使った皮の色が違うのが、ちょっと気になりますが、まぁ、つけても違和感がないようにはしました。
 手の内の皮も洗ってちょっと固くなっていたので、ハンドクリームを薄く塗って柔らかくしました。
 ミンクオイルを塗ろうと思ったのですが、ジャンボ氏に
「ベタベタになりませんか?ハンドクリーム位がええんとちゃいますか?」
 と、言われたのです。実際、ハンドクリームでOKでした。

 あ〜、疲れた。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Twitter

お天気

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

氷と炎の歌

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM