「仮面ライダーオーズ」22話〜24話

  • 2011.02.27 Sunday
  • 11:09
 JUGEMテーマ:仮面ライダーオーズ

 相変わらず、ぐんまま家で盛り上がりまくっております。


●22話
 バッタヤミー後編。

 う〜ん、バッタさんにはもそっとがんばってほしかったなぁ。
 子供を人質にしたウヴァさんに向かって
「悪い奴は許さな〜い。」
 と、突っ込んで行く位の正義感が欲しかった。

 前半の盛り上がりが凄かっただけに、言いたい事はわかるんだけど、後半ちょっと弱かった。

 正義に振り回されて暴走してしまった神林さんを説得する映司くんも
「まず、自分の家族を幸せにしてからでもいいんじゃないですか?」
 位の説得でもよかったと思うんだ、おばはん。
「家族の幸せを守るのも、正義じゃないんですか?」
 とか。
 その方が、子供のあの台詞につながると思うんだけどなぁ。

 とにかく、「正義」を名乗る者が正しいわけではないと考えている、そんな映司くんが改めて描かれていましたね。

 子供をなでなでする人間ウヴァさんの笑顔は最高でした。(笑)
 おもわず、今回のサムネイルにしました。
 アンクのドヤ顔もよかった。


●23話
「きれいになりたい」女性の欲望ヤミー。
 ただ「きれいになりたい」のではなく、伊達さんに会うのに「きれいになりたい」と思ってしまった所がうまいなぁ。

 先週に引き続き、さりげな〜くチョコアイスを食べているアンクがいいなぁ。
 出会った頃から比べると、アンクと比奈ちゃんの関係に変化が生まれておりますなぁ。

 そして、相変わらず短気なウヴァさん。
 結果的にオーズとバースに助けられてしまった。

 ところで、
 人間態ウヴァさんって、ズボン‥‥いや、パンツのポケットに何入れてはるんでしょうか?
 なんか、後ろのポケットがパンパンだったように見えるんですが。
 1.携帯
 2.ヤミーの親の傾向と対策〜研究メモ
 3.バーボン
 4.各種サービスチケット
 5.財布

●24話
 伊達さんの過去編でした。
 新コンボがかすむほど、伊達さんが色々格好良すぎた。
 過去も格好いい!台詞が格好いい!
 そして、あの生背中に鼻血ブー!
 大胸筋腹筋に鼻血ブー!
 上半身裸にジャケットで鼻血ブブブ〜!

 伊達さんは海外青年協力隊か国境なき医師団だと思っていたんですが、後者だったようですね。

「きれいになりたい」今回のヤミー。
 攻撃の対象となった妹の方、子供の頃は頭いい方が親に褒められていたんだろうなぁ‥‥と思ったら、やっぱり妹の劣等感はそれでしたねぇ。

 ここんとこ比奈ちゃんの活躍が少なかったんですが、今回は結構活躍していて嬉しい!
 私は比奈ちゃんとアンクの絡みがある方が好きだなぁ。

 ハラホレ映司くんの気色悪すぎる姿が、とってもGJ!
 巻き添え食ってどつかれまくるアンクが気の毒すぎる(笑)。
 そういえば、後藤さんはどっからハリセンを出したのだろう?
 今回のクスクシエは吉本新喜劇みたいやったわぁ。

 あと、
「ちょ‥‥ちょっと待て!」
 と言われて素直に待ってるカザリにゃんが可愛い。
 カザリにゃんには伊達さんのこたつでゴロゴロするとか、Dr.真木の車のワイパーを
「うにゃ!」
 とかいって追いかけるとか、猫舌なので伊達さんのおでんをはふはふ言って食べるとか、そういう情けない姿をさらして欲しいと思うのさ。

 それにしても、知世子さんの写真を見たDr.真木の反応が気になる〜〜。


 来週はついに‥‥‥‥‥あれだ!!!

 以下、予想。
続きを読む >>

巷で話題の「仮面ライダーオーズ」21話

  • 2011.02.09 Wednesday
  • 00:12
 JUGEMテーマ:仮面ライダーオーズ

 2週間ぐらい前の連載の「ONE PIECE」で、ルフィが毒に当たりすぎて毒の聞かない身体になっている‥‥という楊過か?段誉か?の金庸設定に笑いました。
 やっぱり「ONE PIECE」はジャンル武侠だと思うわ。

 と、いうわけで、
 巷で話題(‥‥になってるのかな?)の「仮面ライダーオーズ」の21話でございます。
 何が話題かというと、この回、敵が正義の味方になってしまってるんですねぇ。

「オーズ」の怪人はグリードといいまして、人の欲望をメダルに替えて、そのメダルを糧にしております。(‥‥つか、メダルで出来てるんですが)
 グリードさん達は、何らかの強い欲望を持ってる人間にメダルを投入し、その人間を宿主(親)にしてヤミーというメダル回収の為の怪人を生み出しております。
 グリードが幹部、ヤミーが部下ですね。

 欲望は、物欲なら対象となるその品物をヤミーが摂取する事により、名誉欲とか形のないものは望みを叶える事により、メダルとなってヤミーの中で増殖します。
 ヤミーが生み出したそのメダルを、グリードさん達がせっせと回収するわけです。

 で、私贔屓の昆虫系グリードのウヴァさんは虫頭のくせに、毎回なかなかナイスな人選をいたします。
 前回は「強くなりたい!‥‥だって‥‥」と、初々しい欲望を2重に抱えた剣道少女でした。
 その前の「有名になりたい!」欲望のも面白かったんですけど。

 今回は司法試験合格を目指す正義感の強い若い父親がヤミーの親です。

 で、この弁護士志望の父親役が伊嵜充則君ですな。
 ああ、昔子役だったいさ坊が父親役かよ‥‥。
 何か、自分がどっとババアになった気がしました。

 正義感が強く悪事を許す事が出来ないんだけれど、力(権力も腕力も)がないわ、司法試験にはなかなか合格できないわで、悶々としている神林(伊嵜)に目を付けたウヴァさんは、彼にメダルを投入!
 生まれ出たバッタヤミーは、引ったくり犯をぶちのめして被害者にバッグを届け、ストーカーや老婦人にぶつかっても謝らない輩をぶっとばし、神林の溜飲を下げまくります。

 ほとんど迷いのない主人公の映司くん(オーズ)や、迷うという単語すらないような伊達さん(バース)はともかく、物語中での迷える成長キャラ5103‥‥後藤さんはまたまた迷ってるんですな。
 神林の息子の隆の
「悪い人を許しちゃいけないんじゃないの?」
 と、いう言葉に、一応、大人の答えを返したものの子供は納得しません。
 どう返せばいいのか‥‥本当は共感してるっぽい5103は困ってしまいます。

 迷惑行為の若者をぶっ飛ばし、バイクで逃げる若者を追うバッタヤミー。
 さらにそのバッタさんを追うオーズとバース。
 そんな時、若者のバイクに轢かれそうになった隆を救ったのはバッタさんだったんですな。
 もう、息子はヒーローを見る目でバッタさんを見つめます。

 オーズはバッタさんを仕留めようとするんですが、そのバッタさんを庇いに出て来た神林。
「俺はやっと正義の力を手に入れた。こいつの力を借りて、この腐った世の中を少しでもよくしたいんだ。」
 その父の姿に思わず飛び出し、一緒にバッタさん(とその横にいるウヴァさん)を庇う息子。

 なす術もなく呆然と見守るしかないオーズとバース。

 で、
「え?俺は一体どうすればいいんだ?」
 と、親子に庇われてるウヴァさん。



 ‥‥という内容だったわけです。
「オーズ」は2話完結方式なので、今回が前編で次回が後編です。
 次回は暴走する「正義」にストップをかけるわけです。(きっとね)
 なんか893さんとか悪徳政治家んとこに行くみたいだし、暴走っぷりも楽しみです。

 やはりポイントは、映司君が子供にどう説明するか、どんな説明をするかですね。
 そもそも、ライダーだって「正義」の名の下に悪をぶっ飛ばしてるんですから。

 私は親子に庇われて「俺がびっくりだぜ!」状態のウヴァさんがどういうリアクションをしてくれるかが気になって仕方ありません。

 来週も見逃せないぜ!

 テレ朝「オーズ」の方が、庇われてるウヴァさんの写真付きですな。

日曜日の8時からのドラマにハマった!

  • 2011.01.14 Friday
  • 00:20

 日曜日の8時からのドラマにハマってしまいました。
 倅〜ズもどっぷりです。
 WOWOWで洋ドラも何本か見てるし「相棒」も毎週見てるんだけど、今一番楽しみなのは、なんと言ってもコレですね。

 年末はあ〜ゆ〜展開で終わったので、新年第1回目の放送が気になって気になって仕方ありませんでした。
 主役の彼のあっけらかんとしつつ、色々背負ってるのもいいのですが、やっぱり、相棒のですね。
 初登場の時はしたたかで小狡い嫌な奴だったのに、最近はいろいろと可哀想な展開(笑)になってきて目が離せません。

 ただ悪役の方があ〜ゆ〜可哀想な事になり、年末年始は私も倅〜ズも虚脱状態でした。
 復活を激しくきぼ〜ん。

 協力者の方のハイテンションも、何故か人形にしか話せないあの人もいい味出してます。
 人形が結構衣装持ちなのに、毎回感心しております。

 そんなわけで、現在「仮面ライダーオーズ/000」にどっぷりハマってます。

 え?
「江」?
 何それ、つおいの?

「オーズ」いいですよ〜〜!
 映司くんの「明日のパンツ」もいいし、ドクター真木の人形のキヨちゃんもいいし、鴻上会長のハイテンションもすばらしいっっっ!
 比奈ちゃんの怪力もいい、知世子さんのコスプレも誤解もすばらしいっっっっ!

 でも、やっぱり、アンクがいいですね。

 ミニやおチビが変身ベルトを欲しがってますが、アンクの手が売ってたら私が買いそうや。
 で、ジャンボ君になんか言われたら
「俺に命令をするな!」
 と、答え、出身地を聞かれたら
「欲望の渦の中と言ったらどうする?」
 と、言うのさ。

 で、アンクもいいのですが、悪役(?)のグリードがすばらしいっっっ!

 マイペースに悪知恵を働かせる猫型グリードのカザリ。
「残念な男前」と呼ばれている虫型グリードのウヴァ様。
 とにかく仕草が愛くるしい重量型グリードのガメル。
 グリードの和を大事にする水棲型グリードのメズールさん。

 特に怪人態ではお姐様なのに、人間態だと女子中学生のメズールちゃんは反則級にいいっ!
 ヒロインのはずの比奈より可愛いのがまたいいっ!
 おまけに台詞がめっちゃエロいのは反則すぎて、すばらしいっっっ!
 メズールさんとガメル君のいちゃいちゃには癒されていました。

 なのに、癒し系グリードの二人があんな結末(でない事を祈ってるけど)を迎えるなんて!?
 おいらがっかりだぜ。

 ショックのあまり、プレミアムバンダイの限定生産ソフビ人形ガメル&メズールをポチッと押しそうになりました。
 ああ、テレビでメズールさんの完全態を見たかったよ〜〜!

 しばらくはウヴァさんがどれだけ突っ込みどころ満載な行動をとってくれるかを楽しみにせねば!

 先週は早速、いきなり女子便所に現れる!という「残念な男前」っぷりを披露し、ぐんまま家では
「ウヴァ様、女子トイレはいかん!」
 と、総突っ込みしてしまいました。

 自信満々のウヴァ様より、ゴルフのパターを振り回して八つ当たりしていたり、一升瓶抱えていじやけている方がウヴァ様らしくて素敵だわ。

 とにかく、「オーズ」は面白いのですよ。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Twitter

お天気

氷と炎の歌

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM